今日の絶景

今日の絶景

雄々しく美しい雪景色を見せる
世界遺産・知床半島の最高峰

Magnificent View #473
羅臼岳(北海道)

(C) Jeremy Woodhouse / Masterfile / amanaimages

 知床の最高峰、標高1661メートルの羅臼岳。知床富士とも呼ばれ、日本ではよく知られるこの山は、2005年に知床半島が世界遺産に登録されたことで、世界にも名を馳せるようになった。

 山の名の由来は、アイヌ語で「動物の内臓がたくさんある所」を意味する「ラ・ウシ」で、古い地図には良牛(らうし)と書かれている。アイヌの人々は、熊や鹿などを捕ると必ずここに葬ったため、そのように呼ばれていたのだという。

 日本百名山のひとつ、そして世界遺産ということもあり、夏は登山者も訪れるものの、冬は深い雪で埋め尽くされる。7月中旬、日本各地が猛暑に悩まされる頃、ようやく羅臼岳の雪が溶け、青々とした姿を見せるようになる。

2015.01.16(金)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ