Magnificent View #129
十勝川河口(北海道)

(C) MASAAKI TANAKA / SEBUN PHOTO / amanaimages

 朝の光を浴び、無数の氷塊がダイヤモンドのごとくきらめいている。

 ここは、北海道豊頃町の十勝川河口。

 世にも美しいこの風景が作り出される仕組みは、以下の通りだ。

 冬の間に凍結し、何かの拍子で細かく砕けた川の氷は、海へと吐き出される。しばらく漂流を続けたその破片は、しけなどが訪れると、高波によって砂浜へと打ち上げられるのだ。

 そのサイズは、小さなものでは拳ほど、大きなものとなるとちょっとした自動車ぐらいにもなるという。

 毎年2月頃には、この様子を写真に収めようと、大勢のアマチュア写真家がこの地に詰めかける。マイナス10度を下回る厳寒をものともせぬカメラマン魂を讃えたい。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2014.02.06(木)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!