今日の絶景

今日の絶景

フェミニンな姿が魅力を放つ
イスファハーンのモスク

Magnificent View #181
シェイク・ロトフォラー・モスク(イラン)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 イラン中部の都市イスファハーンは、16世紀末からサファヴィー朝が都を構えた由緒ある街。往時は、「イスファハーンは世界の半分」と讃えられるほどの繁栄ぶりを見せた。

 その新市街の中心がイマーム広場。この美しい広場は、ペルシアの美学を伝えるさまざまな建築物に囲まれている。

 そのひとつが、シェイク・ロトフォラー・モスク。

 王族専用の礼拝堂として、1601年から17年もの歳月をかけて建造が行われたモスクである。精緻な装飾を施されたドームが、蒼穹に映える。ミナレットと呼ばれる塔を備えないこのようなモスクは、世界でも非常に珍しい。

 同じ広場に面したイマーム・モスクが「男性のモスク」と呼ばれるのに対し、シェイク・ロトフォラー・モスクはその優美な姿から「女性のモスク」と呼ばれている。

2014.03.30(日)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ