Magnificent View #015
スィーオセ橋(イラン)

(C) Rob Howard / Corbis / amanaimages

 イランの古都、イスファハーン。

 16世紀末からサファヴィー朝の都が置かれたこの街は、当時、東西に並ぶもののない栄華を誇り、その様子は「イスファハーンは世界の半分」とまで讃えられた。

 17世紀初頭、ここに流れるザーヤンデ川に架けられた石橋がスィーオセ橋である。

 ペルシア語で「33」を表すスィーオセという名は、橋の上部に33のアーチが設けられていることに由来する。長さ約300メートル、幅14メートルというスケール、そして灯火に浮かび上がる優美なプロポーションは、往時の都のにぎわいを想像させて止まない。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2013.10.15(火)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!