古代メソポタミアにおいて広く崇敬された豊穣の女神、イシュタールの名を戴いたラグジュアリーホテルは、何よりもまずその広大さでゲストを圧倒する。

 死海のほとりならではのスパ体験も極上だ。

正式名称:ヨルダン・ハシェミット王国
首都:アンマン
総面積:約8万9000平方キロメートル
人口:約605万人(2010年)
公用語:アラビア語
宗教:イスラム教(全人口の93%)
通貨:ヨルダン・ディナール(JD)
JD1=約¥113.8円(2012年2月末現在)
時差:日本時間-7時間
電話(国番号):+962

セレブたちも常連のドイツ系名門ホテル

ケンピンスキー・ホテル・イシュタール・デッド・シー

「アナンタラ・スパ」のアウトドア・スイミングプール。周囲にはオレンジとレモンの木が植えられ、毎年秋はたわわに果実が実る

 錚々たるラグジュアリーホテルが軒を連ねる死海東岸のリゾートエリアの中でも、一頭地を抜いた存在感を示すのが、「ケンピンスキー・ホテル・イシュタール・デッド・シー」。

 15万平方メートルにもおよぶ、ヨルダン一の敷地面積を誇るホテルである。国賓級のゲストや誰もが知るセレブリティが宿泊することも数多いという。

 ケンピンスキーは、ドイツ生まれの老舗高級ホテルグループ。そのきめ細かいホスピタリティは、国際的に高い評価を受けている。

<次のページ> 中東・アフリカ最大級のスパで至高のリゾート体験をする

photo:Atsushi Hashimoto
text:CREA Traveller
coordination:Naoko Kimura

この記事の掲載号

魂がふるえる旅。

CREA Traveller 2012年春号

人生をリセットする4つの国へ
魂がふるえる旅。

定価 980円(税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2012年春号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。