グローバルスタンダードに
和の心を配したもてなし

ティーラウンジの現代風書院の床の間には、日本の四季を意識した書画が掛けられている。モダンなデザイン性の中にも“和敬清寂”の精神が見え隠れする、粋な設えに注目したい。

 1973年、ニューヨークに日系初のホテルとして誕生した「ザ・ホテル キタノホテルニューヨーク」。

 2013年には開業40周年を迎え、今なお世界中から多くのゲストに愛されている由緒あるホテルだ。

 そんな歴史と伝統を持つ「ザ・ホテル キタノホテルニューヨーク」と対をなすホテルが、2019年春、東京にグランドオープンした。

 それが日本の新しいエレガンスを提供することをコンセプトにした、その名も「ザ・キタノホテル東京」。前身は日本初のアパートメントホテル「北野アームス」である。

 館内の設えは“和敬清寂”の精神が息づき、和のゆかしさが感じられる空間だ。

 例えば、建物の中心にある孟宗竹のアトリウム、茶室を兼ねたティーラウンジなどに、その風情が強く表れている。

客室の一例。ベッドには全室、エアウィーブ社製カスタムメイドのマットレス、デュベ、枕を採用。館内の各種案内、世界各国の新聞5,000紙以上を読むことができるほか、ルームサービスのオーダーなどもできるタブレット端末が全室に。最先端のルームファシリティで、快適な滞在をサポートする。

 暮らすような滞在を提案する客室は、日本の四季を表現し、温かみのあるインテリアを基調にした全72室。

 スタンダード(スーペリア)からレジデンシャルタイプまで、ルームタイプは多彩。

 8階はプレミアムフロアで、ワンランク上のサービスが用意されている。

 全室に共通するのは、ミニバーと一体になった広いカウンター、バスタブとシャワーエリア分離型の広々としたバスルームなど、利便性と快適性を追求した空間造りだ。

 バスルームには深めのバスタブとレインシャワーを備え、さらに今治タオル、イギリス“ミラー・ハリス”を採用するなど、バスアメニティにも細やかなこだわりが。

 充実したステイを彩るダイニングや、ホテルでは珍しい鍼灸整体院をはじめとするウェルネス施設も個性的なラインアップなので、ぜひチェックしたい。

 合計で7つの星を持つスペイン・カタルーニャ料理の「レストラン サンパウ」と、旬の食材を縦横に使いこなす江戸前鮨「蔵六雄山 平河町」の2軒は、ともに世界中のグルマンの舌をうならせる名店だ。

東京の夜景が一望できる、ルーフトップのクラブラウンジ「キタノアームスラウンジ」のテラス席。カクテルのほか各種ドリンク、さらには「レストラン サンパウ」のフィンガーフードも楽しむことができる。

 また、ルーフトップのクラブラウンジ「キタノアームスラウンジ」のテラスでは季節の花で四季を味わい、オールデイダイニングを兼ねた「ティーラウンジ 佳風」では折々の書画によって季節の移ろいを感じられるのも魅力のひとつ。

 ダイニングとウェルネス施設は、いずれもビジター利用が可能(要予約)。

 都会の隠れ家と呼ぶにふさわしいラグジュアリーブティックホテルで、ワイランク上の滞在、あるいは至福の大人時間を体感したい。

ホテル外観。かつてここは、多くの政財界人や文化人に愛されたアパートメントホテル「北野アームス」だった場所。建物全体に近代的なデザインの中にも日本古来の雅さを表現し、「ザ・キタノホテル東京」として生まれ変わった

ザ・キタノホテル東京

所在地 東京都千代田区平河町2-16-15
電話番号 03-3288-0015(代)
https://www.kitanohotel.co.jp/tokyo

Column

至福のホテル最新ニュース

ラグジュアリーなリゾート、洗練されたシティホテル、和みの温泉旅館……。
世界の津々浦々から、とっておきの最新情報をお届けします!

文=立花奈緒(ブレーンシップ)