無印良品 銀座、MUJI Diner、
MUJI HOTEL GINZAが同時オープン!

 銀座から世界中に「無印良品」の考える“感じ良いくらし”を発信する、世界旗艦店「無印良品 銀座」が2019年4月、銀座の並木通りにグランドオープン!

 地下1階から地上10階まで、まるごと「無印良品」の世界を体感できる巨大空間がお目見えした。

地下1階には、朝から晩まで利用できるレストラン「MUJI Diner」がオープン。1~6階には「無印良品」が提案する、くらしの基本アイテムが勢揃いするほか、青果の販売コーナーやジューススタンド、ベーカリーなど、新たなサービスも多数

 Traveller読者なら、やはり気になるのは「MUJI HOTEL GINZA」。

 世界旗艦店「無印良品 銀座」のビル6~10階を占める「MUJI HOTEL GINZA」は、昨年開業した中国の深圳、北京に続く「MUJI HOTEL」ブランドの3軒目にして、日本初登場。

畳の上にハリウッドツインのベッドを設えた、Fタイプのゲストルーム。

 ゲストルームは、シングルユースから最大4名まで利用可能な9タイプ、全79室(13.62~51.62平米)。木のぬくもりを感じさせるミニマルな空間造りが特徴的だ。

 最もコンパクトな部屋は間口が2,100ミリで、部屋は細長い造り。しかし窮屈さを感じさせない、遊び心あるデザイン性が秀逸。
 

タイプGのゲストルームは、2段ベッド仕様。

 ゲストルームには、壁掛式のBluetoothスピーカーやアロマディフューザーなど、快適な滞在のためのルームアメニティを全室に完備。

 やさしいさわり心地のバスタオル、自然な眠りに導く照明などを取り入れることで、やすらぎを追求した空間を実現している。

和食レストラン「WA」では、日本各地のくらしとともにある味を提供。朝食は宿泊ゲストのみ、昼・夜はビジター利用もOK。

 日本各地の風土が育んできた、こだわりの“ふるさとの味”を供する、ホテル内のレストラン「WA」はもちろんのこと、「無印良品 銀座」館内には「MUJI Diner」やベーカリーなどの多彩なグルメスポットもあるので要チェック! 好みや滞在スタイルに合わせて利用して。

 そしてホテルのレセプションやレストランとゆるやかにつながる6階の「ATELIER MUJI GINZA」にもぜひ足を運んでみたい。「ATELIER MUJI GINZA」は、無印良品による複合的なデザイン文化の発信基地だ。

 デザインやものづくりなどに関する展示などを行っていて、併設する「Library」には“日本の見方”をテーマに集めたという、500冊ほどの書籍が。

 また、大きな楠のバーカウンターとゆったりとくつろげるテーブル席が並ぶ「Salon」もあり、朝10時から深夜2時まで営業している。

 ゆったりとコーヒータイムやバータイムを楽しむなど、ホテルステイを有意義なものにしてくれるマルチスペースとして活用できる。

厳選された生産者や作り手によるコーヒーや紅茶、長年愛されるクラシックなカクテルで落ち着いた時間を過ごせる「Salon」は、ホテルのフロントと同じ6階の「ATELIER MUJI」内にある。

 銀座という立地ながら、宿泊料金はなんと14,900円~とリーズナブル! 銀ブラついでにプチ贅沢をしてみる、ちょっとした気分転換やリフレッシュに……と使い勝手はさまざま。

 “アンチゴージャス、アンチチープ”をコンセプトにする「MUJI HOTEL GINZA」は、あなたスタイルの滞在をきっと叶えてくれるはずだ。

MUJI HOTEL GINZA

所在地 東京都中央区銀座3-3-5
電話番号 03-3538-6101
https://hotel.muji.com/ja/

Column

至福のホテル最新ニュース

ラグジュアリーなリゾート、洗練されたシティホテル、和みの温泉旅館……。
世界の津々浦々から、とっておきの最新情報をお届けします!

文=立花奈緒(ブレーンシップ)