日本で独自に進化を遂げるパンの中でも、今最も面白いのが、あんぱん、チョコパン、メロンパン。

 旅するパンマニアの片山智香子さんとお笑いコンビ・THIS IS パンの吉田結衣さんに、今注目の“ジャパン”を聞きました。


今、チョコパンのココが楽しい!

●片山智香子さんの視点

 カカオを生地に混ぜたり、一見パンと合わないのでは? といった意外性の高い食感のものを合わせたりと、ここ最近一番進化を感じる菓子パンの種類です。

 個人的には昔ながらのチョココルネなども大好きなので、そういったパンも大事にしつつ、進化をしてくれるとより楽しくなりそうです。

●吉田結衣さんの視点

 ここ数年で、粒チョコや板チョコを使ったインパクトのあるチョコパンが増え、菓子パンの域を超えつつあります。

 見た目のバリエーションだけでなく、生地とチョコレートの組み合わせ方も豊富だし、フルーツやナッツとの相性もとてもいいので、ケーキやお菓子に負けない存在になるはず。

ビジュアルも味も随一の実力派

◆ヒルトン東京 ショコラブティックの
「サクサクショコラのクリームパン」

 口溶けのよいブリオッシュ生地に、カスタードクリーム、チョコレートをたっぷりトッピング。

「そっとかじると、口の中でふわっと溶ける。見た目だけでなく味でしっかり勝負してる、実力派女優のようなパン」(吉田さん)

ヒルトン東京 ショコラブティック

所在地 東京都新宿区西新宿6-6-2
電話番号 03-3344-5111(代)
営業時間 9:00~20:30
定休日 無休
https://www.hiltontokyo.jp/restaurants/chocolate_boutique/

2019.05.21(火)
Text=Maki Funabashi
Photographs=Ichisei Hiramatsu

CREA 2019年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

なんでこんなにパンが好き?

CREA 2019年6月号

おいしくて楽しくてみんなが夢中……でも
なんでこんなにパンが好き?

定価780円

毎日楽しめる、皆でシェアできる、そのままでも、調理してもおいしい、しあわせの香りがする……。パンってやっぱりいいですよね。それにしても、ブームが終わらず皆の心を掴んで離さないのはなぜ? そこで今回は、パンを愛する人たちに“好き”の理由を伺い、旬のトピックスを徹底調査。保存版のパンガイドができました。