2018年、上海はラグジュアリーホテルの開業ラッシュ。

 そのひとつが、静安地区の大型商業施設、HKRI Taikoo Huiの一画にオープンしたコンテンポラリーデザイナーズホテル「ザ スコータイ上海」です。

 タイ・バンコクでは緑あふれるクラシカルな雰囲気のホテルとして名の知られたスコータイホテルですが、上海では打って変わってモダンなテイストになっています。

 デザインを手掛けたのは、上海市内でも数多くの人気レストランの内装を手掛ける他、国際的にも活躍しているデザインファーム「ネリー・アンド・フー」なので、館内を見てまわるのも楽しめます。

グランドフロアでひと際目を引く階段。光の取り込み方が工夫され、まるで一段一段が空中に浮いているかのようなデザイン。

 そのうえ、30の国内外のアーティスト作品を誇る同ホテル。中でも、日本のデジタルアートチームの「teamLab」の作品は必見です。

24時間365日、季節に応じて刻々と変化する光のアート。絵の中の天気は、なんと日本の天気と連動しているというから驚きです。

あのSLHに加盟する
上海唯一のホテル

 ザ スコータイ上海は、洗練されたデザインと好立地、パーソナライズされたサービスを提供する、世界80か国以上約500のホテルが加盟しているSmall Luxury Hotels of the World (SLH) に上海で唯一名を連ねています。

 170の客室と31のレジデンススタイルのスイートルーム、計201室は44~172平米と広めの造りになっています。

スタンダードなプレミアルーム。広々とした室内は淡いグリーンの壁が印象的です。
スイートルームのバスルーム。
全室に用意されている肌触りのよい、とろみ感のあるバスローブ。
バスアメニティーはオーストラリアのオーガニックブランドGROWN ALCHEMISTが用意されている。

 2019年3月にようやくリリースされた最上階17階のスイートルームはリビングルーム、キッチン、ダイニング、ベッドルーム、バスルームとそれぞれ独立した部屋で設計されたデザイン。

 イベントやパーティーなどにも最適な空間です。

最上階スイートルームのリビングスペース。
最上階スイートルームのベッドルーム。広々としたベッドルームは専用のiPadが設置されています。
最上階スイートルームのダイニングエリア。横にはキッチンスペースがあり、インルームダイニングもゆったりと楽しめます。
最上階スイートルームの高級感あふれる大理石の広々としたバスルーム。

文=ミシェル