ホテルなどでいちごブッフェやいちごアフタヌーンティーが続々と開催されるこの時期。いちごを思う存分味わうのはもちろん、さらに温泉で癒される。そんな夢のようなプランが、栃木県内の「星野リゾート 界」3施設で開催中だ。

 50年連続でいちご生産量国内1位を誇る、いちご王国の栃木県。その栃木県内には、星野リゾートが運営する温泉旅館「界 川治」「界 鬼怒川」「界 日光」の3軒があり、それぞれの施設の特徴を活かした“いちご滞在”が楽しめる。

 期間はいずれも、2019年2月28日(木)まで。ぜひこの機会に、贅沢な温泉旅を。


いちご摘みとお菓子づくり
“里山いちご滞在プラン”

◆星野リゾート 界 川治

ひょうたんライトに照らされた、冬の露天風呂。渓流沿いの露天風呂からは、四季折々の風景の中で湯浴みが楽しめる。

 鬼怒川温泉駅から約15分。鬼怒川と男鹿川が合流する峡谷に開けた川治温泉郷の「星野リゾート 界 川治」は、自然豊かな里山にひっそりと佇む温泉旅館だ。

 そんな界 川治のコンセプトは、“里山の知恵”を活かしたおもてなし。敷地内の庭にある水車小屋を1日1組限定で貸し切り、いちご三昧の“里山いちご滞在プラン”が体験できる。

地元いちご園のプランターが水車小屋に設けられ、フレッシュな“とちおとめ”を摘んで食べたり、いちごを使ったどら焼きづくりを体験したりできる“里山いちご滞在プラン”は、2019年2月28日(木)までの月~木曜限定で利用可能。1名 24,000円~(2名1室利用時/1泊2食付き/税・サ込)。1日1組(4名まで)限定。

 宿に到着したら、敷地内の庭に設けられた水車小屋でチェックイン。小屋の中には、地元のいちご園で作られた“とちおとめ”のプランターが用意されているので、さっそくウェルカムスイーツとして、好きなだけ摘んでいただけるのがうれしい。

 栃木県名産のとちおとめは、ほどよい酸味と強い甘さが特徴なので、いくつでも食べられそう。

いちごを使ったどら焼きは、あんこと生クリームの甘さが、いちごのジューシーで爽やかな酸味を引き立てる。

 湯浴みをしたり、部屋で寛いだり、思い思いの時間を過ごしたあと、夜は、収穫したいちごを材料に使った、どら焼きづくりにチャレンジ。

 自分で焼き上げた生地に、あんこと生クリーム、いちごを合わせて、自分好みに仕上げていただくという、ここならではのユニークな体験ができる。

夕食は名物の牡丹鍋を。ドングリやシイの実、クリ、キノコなどが豊富な山で育ったイノシシの肉は煮込むほどに柔らかくなり、臭みがなく上質な味わい。肉の風味と味噌の香ばしさが食欲をそそる。

 翌日の朝は、水車小屋に用意されたホットいちごミルクをどうぞ。いちごの果肉をたっぷり使用したホットいちごミルクは、トッピングにとちおとめのドライフルーツが添えられ、寒い朝にホッと温めてくれる。

 また、界 川治ならではの体験として、里山工房できなこ挽きに挑戦するのもおすすめだ。

 界 川治では、縄文時代から主食とされてきたといわれる大豆、そして昔から大切な原動力だった水車、石臼、火鉢などにまつわる、里山の日常生活に根付いた“里山の知恵”を楽しめるアクティビティを多数用意している。

 中でも手挽きの石臼体験は、大人から子どもまで楽しめると好評。

 いちご三昧に里山体験、そして温泉と美食。“里山いちご滞在プラン”は、かつてない贅沢な温泉旅を叶えてくれる。

星野リゾート 界 川治

所在地 栃木県日光市川治温泉川治22
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
https://kai-ryokan.jp/kawaji/

文=立花奈緒(ブレーンシップ)