我が家に人が集まるとき、なによりも欠かせないのは万国共通で“おいしい一杯”です。いつものドリンクにひと手間かければ、歓迎! の気持ちを表せます。そして、簡単すぎるレシピでささっとつくる、小さいけどおいしいおやつ。

 相手の心にふんわりと残るくらいのもてなしのレシピを、料理研究家の冷水希三子さんに教えてもらいました。


●テキーラのオレンジカクテル

■材料(2人分)

・オレンジ:2個
・テキーラ:大さじ2
・コーヒー豆:10粒
・炭酸水:50~100mL
・タイムの枝:適量

■つくり方

(1) オレンジは皮をむき、1個はぶつ切りに、1個は手でつぶして果汁をしぼる。
(2) グラスにオレンジ果汁とテキーラを入れて軽く混ぜる。
(3) 氷、オレンジのぶつ切り、コーヒー豆を入れ、7分目まで炭酸水を注ぐ。タイムを添える。

●バナナのソテー

■材料(2人分)

・バナナ:1本
・砂糖:小さじ2

■つくり方

(1) バナナは皮付きのまま縦半分に切る。
(2) バナナの切り口に砂糖をまぶし、切り口を下にしてフライパンに入れ、中火で焼く。
(3) あまり動かさずに、砂糖がキャラメル状になるまで焼く。

●教えてくれたのは……
冷水希三子(ひやみず きみこ)さん

料理研究家。料理にまつわるコーディネートだけでなく、器や調理道具などがたくさんあるのに決してごちゃごちゃしないインテリアも評判。著書『ちょっと贅沢なおもてなしレシピ』(家の光協会)ではレシピをシーン別に提案。

2019.01.12(土)
Text=Mei Hojo
Food coodinate=Kimiko Hiyamizu
Photographs=Kiichi Fukuda
Styling=Misa Nishizaki

CREA 2019年1月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

居心地のいい部屋。

CREA 2019年1月号

巣ごもりしたくなる、幸せ
居心地のいい部屋。

定価780円

好みや条件は人ぞれぞれでも、「このままずっとこもりたい……」と思えるような部屋だと、結構幸せな気がします。キーワードは「居心地のいい部屋」。お宅拝見からアイテム選びまで、新しい年を気持ちのいい部屋で迎えるヒントが詰まった1冊です。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!