ロンドンには、街のいたるところにアートを感じられる空間が溢れている。レストランやホテルなど、美と芸術を体感できる最新スポットをご紹介。


ピカソやウォーホルの作品を
視覚と味覚で満喫する

●Mirror Room
(ミラー・ルーム)

マカロンの上には、ピカソ風のイラストを施したチョコレート。

 大英博物館のお膝元、ホルボーンにあるホテル「ローズウッド・ロンドン」では、現代アートにインスパイアされたアフタヌーンティーが人気。

サンドイッチもバジリコパンやカラメルオニオンパンなどひと工夫。

 アンディ・ウォーホルのキャンベルスープ缶は、チェリーゼリーを包んだチョコレートスポンジをホワイトチョコレートと赤い飴でコーティング、半分めくれた蓋までチョコレートで再現している。

左から草間彌生、ウォーホル、リキテンスタインをモチーフにしたケーキ。

 草間彌生のドット柄を施したユズ風味のスウィーツ、ロイ・リキテンスタインの色調を模したバナナチーズケーキなど、視覚と味覚でアートを満喫。

天井や壁に鏡を配したデコレーションが印象的。

Mirror Room
(ミラー・ルーム)

所在地 Rosewood London, 252 High Holborn, London WC1V 7EN
電話番号 020-3747-8620
営業時間 14:00~17:30(土・日曜 12:00~)
◯アフタヌーンティーはアート 58ポンド、ドン・ペリニヨン 120ポンド、ルイナール 68ポンドなど。
https://www.rosewoodhotels.com/

Feature

ロンドン街巡り!
最旬情報

Text=Kazuyo Yasuda(KRess Europe)
Photo=Atsushi Hashimoto
Cooperation=VisitBritain

この記事の掲載号

知られざる世界美術館の旅

CREA Traveller 2019年冬号

知られざる
世界美術館の旅

定価1,110円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2019年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。