穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。


◆「れんこん」のマクロビレシピ

れんこんボール

 前回に引き続き、冬の定番、体を温める食材である根菜類を使った揚げ物シリーズです。2回目は「れんこん」を使ったレシピをご紹介します。

 すりおろしたれんこんに小麦粉を加えた生地をお団子状にするので、「れんこんボール」と名付けました。

 生地に粉が入っているため、じっくり揚げないと、外側が揚がっていても中身は生の状態になってしまいます。そのため、ドーナツのような粉の入った生地は低温でじっくり! がポイントとなってきます。

 また、すりおろしたれんこんは水気を切ってから使いますが、その水分は捨てずにお湯で割って喉のケアに役立ててみてください。

 「れんこん」に含まれるタンニンという成分(ポリフェノールの一種)は咳止めの効果があると言われています。タンニンには消炎効果があるのでれんこんの搾り汁をお湯で割って飲むことで咳止めや喉の痛みの緩和に役立つと知られています。

 あれ? 喉が痛いな、と思ったときには風邪薬の前に試してみてくださいね。

» 旬の食材/「れんこん」の詳細

2018.12.04(火)
文=中村恭子
撮影=秋元良平

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!