台湾で今じわじわとブームになっているのが「蒸し鍋」。素材を蒸して、その素材から出た旨みを下に落とし、最後にお粥として楽しんだり、見たことのないような巨大せいろで大量の素材を一気に蒸し、大人数で味わったりするような斬新なものまで登場。

 スタイルは様々ですが、特に新鮮な豪華食材を味わえるコスパの良いお店が賑わいをみせています。蒸し料理なので、もちろんヘルシー。そしてこれからの季節にもぴったりです。今月はそんな話題の蒸し鍋のお店をご紹介いたします。

1.5キロのハマグリを堪能
「極蜆鍋物」

 松山空港があり、おしゃれスポットとしても人気の富錦街。そこからすぐの民生社区にある「極蜆鍋物」は、「ハマグリ蒸し」が看板メニュー。テーブル席が6席のみという小さなお店です。

 店のオープンは2年前ですが、ビジュアルのインパクトとコスパの良さからあっという間に口コミが広まり、以来ずっと予約必須の人気店。さらには海外メディアで取材されたこともあるので、連日国内外からお客さんが訪れます。

 ハマグリ蒸しで使用するハマグリの量はなんと1.5キログラム!

 ハマグリは肝機能の改善や疾病予防など健康に良いことで広く知られていますが、こちらのオーナーも新鮮なハマグリをたっぷり味わってもらい、養生料理としてもこの鍋を楽しんでほしいとの思いから、このメニューを考案したそうです。

 まずはハマグリを蒸すところからスタート。2段式の鍋を使用し、上段の穴の開いた鍋から下の鍋へ、じっくりとハマグリのエキスを落としていきます。

 蒸し時間は約15分。ハマグリの口が開き、一刻も早く食べたい! とうずうずしてきた頃がまさに食べ頃。

 大量のハマグリが高々と皿に盛られ、あとはひたすらいただきます。毎朝仕入れを行うハマグリは新鮮そのもの。うまさの証拠に目の前には貝の山があっという間にできることでしょう。

 さて、お楽しみはもちろんこれだけではなく、ここからがお店の本領発揮。抽出された濃厚なハマグリエキスを味見させてもらった後は野菜などと6時間以上コトコト煮込んだチキンスープを鍋に投入。豪華食材をしゃぶしゃぶでいただきます。

 おすすめはセットメニュー。2人用から4人用まで値段別に様々なタイプが用意されていますが、中でもお店のイチオシは生け簀から捌いたばかりのボストンロブスターを堪能できる「波士頓龍蝦套餐(ボストンロブスターセット)」。

 2人用と3人用があり、それぞれ値段は2,830元(約10,500円)、3,249元(約12,000円)でこの豪華食材鍋が堪能できます(別途サービス料10%が必要)。

 内容は牛、豚、羊、鴨の中から好きな肉を3種類選び、それに野菜盛り、さらにまだ動いている新鮮なロブスターや、ミニロブスター、ホタテ、白身魚など豪華海鮮9種盛りがついてきます。

 テーブルごとに店特製のタレ数種があり、好きなように配合してつけダレを作るのですが、このタレの味がまた絶品でどんどん食が進みます。

 鍋を思う存分味わった後は〆のお粥とスイーツ。もともと味わい深いハマグリエキスのスープに、さらに豪華食材から染み出た出汁。それに米、卵、海苔を投入して出来上がったお粥の味は言うまでもありません。

 食後はあまりの満腹ぶりに確実に動けなくなりますが、ぜひお腹を空かせてこのスペシャル鍋をお楽しみください!

極蜆鍋物

所在地 台北市松山區民生東路五段197號
交通 MRT南京三民駅4番出口より徒歩約15分
電話番号 0965-341-788(要予約)
営業時間 平日11:00~14:30、17:00~24:00(LO22:30)、土日11:00~24:00(LO22:30) 
定休日 無休

2018.12.04(火)
文・撮影=矢作晃之

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!