飲食店の選択肢も
バラエティ豊か

 マカオで話題の統合型リゾート「MGMコタイ」の体験レポート。第1弾に続く今回は、リゾートレストラン編です。

 滞在中は、朝食、昼食、夕食、さらには晩酌にトライ。飲食店のラインナップも充実しており、わざわざ外へ出なくとも、リゾート内だけで事足りてしまうことを実感。大型IRだからこそのことといえるでしょう。

朝食はビュッフェスタイル
パンのラインナップが豊富

 朝食付きプランで予約をした場合の朝食会場は、アメリカ西海岸のライフスタイルがテーマというカジュアルな雰囲気のレストラン「Coast」となります。ビュッフェスタイルで、選択肢はウェスタンとチャイニーズが半々といったところ。

「コースト」外観。
朝食はビュッフェ形式。

 オムレツや麺類は、シェフが目の前で調理。パンコーナーには、クロワッサン、ベーグル、各種菓子パンと、種類も豊富。朝食タイムは7時~11時となっており、少し朝寝坊しても大丈夫という安心感も、リゾートならではといったところでしょうか。

パンのラインナップも大充実。
アメリカンカジュアルな雰囲気のインテリア。

文・撮影=勝部悠人(マカオ新聞)