モデルとして、妻として、3児の母として、自然体で輝く姿が共感を呼んでいる滝沢眞規子さん。そんな彼女の魅力の源は、どこにあるのでしょう。家族と過ごす充実したOFFの時間――幸福の国、デンマークの言葉でいうヒュッゲ(居心地の良い時間や空間)を大切にする彼女の、「よく休む」を大切にするクオリティ・オブ・ライフについてお話を伺いました。

この日は私服で取材に応えてくれた滝沢さん。そのファッションセンスでも、多くの女性たちから支持されている。

忙しいときこそ
自分らしくありたい

――1人3役をこなし、忙しい毎日を送られているかと思いますが、滝沢さんが自分らしくあるために大切にしていることとは何でしょうか?

「1日1時間のウォーキングが、自分にとっては大切な習慣であり、好きな時間ですね。ひとりになれる貴重なタイミングですし、ひたすら自分の身体と向き合うことができます。歩いている間は、意識的に何も考えないようにしています。家にいると、どうしても仕事や家庭のことを考えてしまうので、外に出ることが自分にとっての息抜きに。自分らしくあるためには、そのための工夫や努力が必要なんじゃないかと思うんです」

――30歳を過ぎてからモデルになられた滝沢さんですが、モデル業の楽しさ、魅力についてお話しいただけますか?

「魅力はたくさんあります。才能あふれる方々と出会えたり、自分もクリエイティブの一部としてお仕事ができたり……。始めたばかりの頃は、いつも100%元気で幸せな自分を見せていなければならないと思い、それで疲れてしまったこともありました。でも、いまはもっと自然体で向き合えるようになり、さらに楽しめるようになったと思います。

デンマークブランド「ノルディック スリープ」のサポートピロー(多目的枕)でリラックスする滝沢さん。

「ヒュッゲ」な休息のひとときが
明日の自分をまた輝かせてくれる

 頑張るためにはよく休むことが大切と語る滝沢さん。そんな彼女が出会ったのが、国民の幸福度で常に世界トップの座に立ち続けるデンマークの、「ヒュッゲ」という考え方。豊かな眠りとくつろぎの時間には、「ノルディック スリープ」の製品がありました。

――デンマークには「ヒュッゲ」という言葉があります。日本語で言うと「居心地の良い時間や空間」を意味し、誰もがこれをとても大切にしています。滝沢さんにとっての「ヒュッゲ」はどんなものか、教えていただけますか?

「やはり家族と一緒に過ごすのが、私にとって一番居心地のいい時間であり、空間ですね。金曜日は比較的外食をすることが多いのですが、この日ばかりは時間を気にしないで、家族であれこれ話しながらゆっくり美味しいものを食べるんです。ウィークデーはどうしても、子どもを「早く寝かさなきゃ」とか「宿題をやらせないと」とかいった具合に、家にいても何かとバタバタしてしまうでしょう?   でも金曜日なら、翌日を気にせず、例えばテレビで映画を観たりしながら、家族でゆったりくつろげるんですね。そういう団欒ってふだんはなかなかできないので、あえてそういう時間や空間をつくるようにしているんです」

「家族とゆっくり過ごす金曜日の夜は、特に大切」と語る滝沢さん。ふだん忙しいからこそ、時間にめりはりをつけるという。

――40歳になったいま、新たにチャレンジしてみたいことはありますか?

「現状の仕事に限定せず、これからは未経験のお仕事にもどんどん挑戦していきたいですね。子育てなどを理由に、これまではある程度で抑えてきた面もあったので。でももう子供たちもだんだん大きくなってきて、徐々に私の手を離れてきましたから、自分がやりたいと感じたことに素直に挑戦していけたらいいですね」

「お仕事を通じて、新しい自分に出会えるのが楽しみ」と笑顔で話す滝沢さん。40代だからこそできる、新しいチャレンジがしたいという。

 インタビューの間、「ヒュッゲ」の考え方から生まれたノルディック スリープの製品に触れてきた滝沢さん。取材とはいえ、その表情は終始リラックスした自然体の笑顔でした。クオリティ・オブ・ライフを休息から考える製品づくりには、共感する部分も多かったと語ります。

――これからもっと自分らしく、輝いていくために。今後、どんなことを心がけていきたいですか?

「家族との時間を満喫すること。仕事を楽しむこと。悩みがあったらちゃんと打ち明けることですね。そして、しっかりと睡眠をとること。プロとして、仕事の前夜によく眠れたという事実は、体調的にも心理的にも大きな自信になるんです。もしもよく眠れていないと、そのこと自体が不安要素になって、仕事にも支障が出てくるように思います。これからはノルディック スリープが味方になってくれるから、安心して眠れるだけでなく、休むことがもっと楽しみになってきそうですね」


 自分が自分らしくあるために、忙しい合間に家族と過ごす時間も、そして自分と対話する時間も大切にしていると語ってくれた滝沢さん。まさにナチュラルビューティーという言葉がぴったりな彼女の存在は、自分に無理をさせすぎない、大人のクオリティ・オブ・ライフのあり方を教えてくれているよう。40歳になっても、もっと輝くために。あなたも滝沢さんと一緒に、幸せの国、デンマーク流の「ヒュッゲ」なライフスタイルを始めてみませんか。

●お問い合わせ
ノルディック スリープ

https://nordicsleep.co.jp/

2018.10.22(月)
文=大野重和(lefthands)
撮影=酒井貴生(aosora)
ヘアメイク=平元敬一

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!