Magnificent View #1440
淡水(台湾)

(C)Tomasz Rossa / Masterfile / amanaimages

 高層ビルが立ち並ぶ大都会、台北のほど近くに、風光明媚な場所がある。台北市に隣接する新北市の淡水区だ。

 海と淡水河の河口が交わるここは、美しい水の都。17世紀にスペインやオランダが貿易の拠点としていたことから、水辺には洋館も残り、「東方のベニス」と呼ばれることも。

 この地が黄金時代を迎えたのは19世紀。世界各国から物資や人が集まる国際港となり、英国の領事館も建てられた。

 だが、河口に砂が堆積し大型船が入りにくなってしまったことから、政府は代わりとなる基隆港を建設。港町としての繁栄を、台北との間に鉄道が敷設された基隆に譲ってしまう。

 一時は寂しい漁村と化していたが、戦後は観光地として注目されるように。現在は都心から地下鉄一本で行ける郊外の夕景スポットとして、人々に親しまれている。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2018.10.17(水)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!