『タカラジェンヌの美の秘密、教えます 宝塚式「品格」レッスン』を上梓した元タカラジェンヌの初嶺麿代さん。フィットネススタジオ「ジェンヌスタイル」の総合プロデューサーという立場から、美しい品格ある女性になるための方法、思考レッスン、実践メソッドを本の中で紹介しています。楽しみながら日常に取り入れて、美人を目指しましょう。

» 1回目 ジェンヌ式ご挨拶に挑戦
» 3回目 鏡で自分の表情チェック


 13年間宝塚歌劇団で男役として過ごした私、初嶺麿代は、2017年6月に池袋にオープンしたフィットネススタジオ「ジェンヌスタイル」の総合プロデュースをさせてもらうことになりました。

 このスタジオは、「講師は全員元タカラジェンヌ」という日本初の試みとしてスタートしました。

 フィットネスといっても、ただエクササイズをするのではありません。タカラジェンヌのエッセンスを取り入れたヨガ、バレエ、ダンスなどのクラス、「なりきりタカラジェンヌ」という、宝塚やミュージカル、煌びやかなレビューのショーシーンを疑似体験するクラスなど、楽しみながら女性の品格を身につけていただくことを目的とした、他に類のない新感覚のフィットネススタジオのかたちを目指しています。

 『タカラジェンヌの美の秘密、教えます 宝塚式「品格」レッスン』の中から、表情筋を鍛え、自信と品格ある美しい女性になる方法をご紹介します。

なりきってみましょう!
(1) 男役の表情流し目、悪巧みなど

 タカラジェンヌのように、目、頬、口を思いっきり動かして、表情筋を鍛えていきましょう。

◆男役 スタンダード

 清涼感、澄んだ目、キリッとした表情の正統派をイメージする。目の奥に力を入れ、口角は平行に持ち上げて、紳士的で素敵なスマイルを作る。

◆男役 流し目キザ顔

 流し目で、陰のある印象のセクシーな男役を表現する。まっすぐではなく、黒眼を横に流して見つめると、白眼が効き、セクシーさが増す。流した方向の口角を少しだけ上げて、憂いを含んだ笑みを作る。

2018.09.16(日)
文=初嶺麿代
写真=鈴木七絵

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!