箱根の森に抱かれた美しき温泉旅館

 全国各地でご当地の良さを取り入れ、趣向を凝らした宿泊施設を展開する星野リゾートから、またひとつ個性的な宿が登場した。2018年7月27日(金)、箱根の仙石原エリアにグランドオープンした「星野リゾート 界 仙石原」がそれだ。

夜景に美しく映える本館の外観。2018年11月に完成する別館は、スイートを含むわずか3室のお部屋のみのプライベートな空間となる予定。

 温泉旅館ブランド「界」の15施設目となる「界 仙石原」は、標高約700メートルの仙石原高原の雄大な自然に抱かれた、全室露天風呂付きの温泉旅館。水庭を正面に望む温泉棟、窓から雄大な景色を楽しめる本館、そして木立に囲まれたわずか3室の別館からなっている(別館は2018年11月に完成予定)。

全室露天風呂付きの客室は、琉球畳の上にソファーを配した和洋室タイプ。客室の大きな窓、テラスにある露天風呂からも山々が連なる仙石原の雄大な風景を望むことができる。

 露天風呂付きの全13室のゲストルームは、すべてが土地柄を活かしたご当地部屋で、「仙石原アトリエの間」と呼ばれる。

 各部屋を彩るのは、開業前に国内外のアーティスト12名が宿泊し、箱根で受けたインスピレーションをもとに創作活動をした際の作品だ。また、小田原のガラス作家「ipada(イパダ)」の濱舘寛氏と村木未緒氏のデザインによる、ガラスのランプシェードが設置されているのも特徴的。

 ちなみに客室はもちろん、アーティスト12名の作品は、館内のそこここで鑑賞することができる。

箱根の自然を借景にした客室露天風呂は、まるで一枚の絵のよう。大浴場と同じく、大涌谷温泉から引いた湯の花が舞う温泉を堪能することができる。

文=立花奈緒(ブレーンシップ)