訪れるたびに必ず新しい発見のある沖縄。今度のヴァカンスでは、これまでとはひと味違うラグジュアリーを求めて 贅沢にクルーズ船をチャーターしたり、秘境の島へ渡ったり……自分だけのとっておきの場所をみつけよう!


日常の食卓にちょっぴり非日常を

●茜陶房

右から“shinkai”リムボウル 5,500円。“kasumi”プレート 5,000円ほか。

 沖縄の器といえば伝統的な“やちむん”も魅力だが、最近人気なのが新しい世代の作家たち。自分の好きなこと、作りたいものを自由にカタチにした作品は、いい意味で伝統にとらわれない沖縄ならではだ。

奥深いブルーが何とも美しい“shinkai”シリーズの花器 12,000円。

 浦添市の古い外国人住宅を改装した「茜陶房」もそんなアトリエのひとつで、作家の与儀祥子さんと下地かおりさんは高校の同級生。

下地かおりさん(左)と与儀祥子さん(右)。

 2人で話し合いながら生まれる品々は、ひと目見れば引き込まれるような独特の色彩と質感がとても素敵。

愛嬌たっぷりな“shiratama×azuki”酒杯 2,500円ほか。

 日常の食卓にちょっぴり非日常が加わって、毎日が楽しくなりそう。

ギャラリースペース。

茜陶房

所在地 沖縄県浦添市城間4-34-3
電話番号 098-876-5453
営業時間 13:00~18:00
定休日 木・金曜、不定休あり
交通 那覇市内から車で約20分
http://akanepottery.com/

Feature

その先の沖縄を体感する
とっておきの場所へ

Edit&Text=Shojiro Yano
Photo=Taisuke Yoshida

この記事の掲載号

南イタリアの誘惑

CREA Traveller 2018年夏号

異国情緒が溢れる、つま先とかかと
南イタリアの誘惑

特別定価1,200円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2018年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。