今年2018年は、英国で初めて一部の女性に選挙権が与えられてからちょうど100周年。2015年に公開された映画『未来を花束にして』で、英国における女性の参政権運動についてご覧になった方もいるかもしれません。

 21歳以上のすべての女性に選挙権が与えられるまでは、その後さらに10年を要することになるのですが、今年は記念の年として、ナショナル・ポートレート・ギャラリーでも「Rebel Women(抵抗する女たち)」と題し、今年一年を通じてさまざまなイベントが企画されています。

 5月9日にスタートした「Rebel Women Trail」もそのひとつ。これは、各分野で現在をリードする10人の英国人女性が選んだ、歴史的な「抵抗する女たち」にスポットを当て、訪れる人たちに彼女たちのポートレートめぐりをしてもらおう、というもの。小冊子にまとめられた解説を読みながら、館内の12の展示室をめぐり、それらのポートレートを各自探して歩く、宝探し的なイベントです。

 公開直前のプレス向け朝食プレビュー・イベントでは、キュレーターや協賛ホテルの関係者による、スピーカーは全員女性、というパネル・ディスカッションや、いまを生きる「抵抗する女性」によるスピーチなども。

朝食プレビュー・イベントは、絵画に囲まれた、こんな美しいギャラリーで行われました。
パネル・ディスカッションで話す、キュレーターのロージー・ブロードリーさん(中央)。

 今年英国で公開されたヴィヴィアン・ウエストウッドに関するドキュメンタリー映画を撮影したローナ・タッカー監督らが、周囲の反対に抗いながらなにかを達成していく過程について語りました。

アカデミー衣装デザイン賞を二度受賞している、英国人コスチューム・デザイナーのジェニー・ヴィーヴァンさん(左)と映画監督のローナ・タッカーさん(右)。それぞれ自身のキャリアについて、短いスピーチをしました。

文=安田和代(KRess Europe)