ボツワナ、動物たちの聖域

ボツワナ、動物たちの聖域

生きているって実感を究極サファリで見つける

 アフリカで初めて、地元民の意志によって設立された保護区では、野生の動物たちが自然界で繰り広げる営みを、静かに見つめ、見守ることができる。
 快適なテントの下で感じる、生きているという実感。大自然の中で悟る生命の尊さとはかなさと。

正式名称:ボツワナ共和国
首都:ハボローネ
総面積:約58万2000平方キロメートル(日本の約1.5倍)
人口:約195万人(2009年)
公用語:英語(国語はツワナ語)
宗教:キリスト教、伝統宗教
通貨:プラ
1プラ=約¥11.1(2012年2月末現在)
時差:日本時間-7時間
電話(国番号):+267

動物たちの濃い影が実感できるロッジ

クワイ・リバー・ロッジ
モレミ野生動物保護区

サバンナカラーのインテリアは、シックでいてチアフルな色使い。ゆったり回る天井のファンもなかなか洒落てます

 サバンナや森林、小川や沼地と、バラエティに富んだ景観を見せるモレミ地区は、オカバンゴ湿地帯で唯一、保護区に指定されている。慎重に環境コントロールされてはいるが、囲いのない広大な自然の中で、肉食動物と草食動物たちが生への挑戦を展開しているエリアだ。

キリンの好物はアカシア。50cm近い長い舌で、枝から葉やつぼみをむしり取る。象と一緒で、ほぼ一日中食事です

 そんな場所にあるロッジだから、動物たちの密度は濃い。部屋のデッキ前の草地にたたずむインパラ。ロッジの柵の脇にはジャッカルも出没する。もちろん象もいれば、キリンの姿も見かける。リスなどは我が物顔でラウンジを走り回ってる。彼らの領域に間借りさせてもらってる、そんな気分になるところなのだ。

 もちろん何の不足もない、ラグジュアリーなロッジではあるのだけれど。

<次のページ> 午後、まどろみの後自然界の掟に触れるサファリを

2012.06.04(月)

photo:Yuji Ono
realization & text:Satsuki Ohsawa
special thanks:Embassy of Botswana / Cathay Pacific Airways Ltd.

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA Traveller 2012年春号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ