CREA厳選! イケメン青田買い

CREA厳選! イケメン青田買い

新時代の到来を感じさせる天才映像作家
岩切一空監督が新作『聖なるもの』を語る

 2017年度(第58回)日本映画監督協会新人賞を受賞、最新作『聖なるもの』が若手監督の登竜門として知られる「MOOSIC LAB 2017」において【長編部門】グランプリに輝くなど、その類い稀なる才能が映画業界を震撼させている岩切一空監督。一筋縄ではいかないストーリー展開や映像美について、今もっともメジャーに近い天才映像作家の素顔に迫る。

名前の由来は、イタリア語の「島」

――幼い頃に持っていた将来の夢は?

 ある日、雲を見たときから、羊になりたいと思っていました。もともと、豚などの四足歩行の動物が好きで。食べて、寝て、愛されて、草原にいる姿がとても幸せそうだったんですね。その後も、満員電車が苦手なので、普通の会社員になるのは難しそうだとは思っていました。

――一空(いそら)という珍しい名前の由来について教えてください。

 父親がもともとずっとイタリアで働いていて、その関係で僕も少しの間イタリアに住んだりしていました。何かとイタリアと縁があったのですが、そのせいか「ISOLA」というイタリア語で「島」を意味する言葉からつけられました。

――ちなみに、学生時代に入っていた部活は?

 中・高校時代はバドミントン部などの部活に入っても幽霊部員でしたし、学校をサボって、家でマンガを読んでいるか、アニメを見ているか、渋谷に映画を観に行っていました。でも、その頃は別に映画を撮ろうという意識はなかったですし、あくまでも暇つぶしの域を出ていませんでしたね。

<次のページ> 独特なセンスはアニメの影響から

2018.04.06(金)

文=くれい響
撮影=榎本麻美

同じテーマの記事

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ