デートで味わいたい! 東京チョコレートスイーツ8選

デートで味わいたい! 東京チョコレートスイーツ8選

「ホテル雅叙園東京」の生チョコは
枯山水がモチーフの洒落た逸品

 甘い口どけに、ふたりの仲もぐっと深まります。大切な人と分かち合いたくなる、スイーツライターchicoさんおすすめの冬のチョコレートスイーツをご紹介!

» 他のチョコレートスイーツを見る

●和の生チョコレート“枯山水”

[目黒]
ホテル雅叙園東京
PATISSERIE「栞杏1928」

左から:枯山水〈薄墨〉、〈赤銅〉、〈新緑〉 各2,160円(税込)。

 石庭の白砂に見立てたフレーバーパウダーを食べる直前にかけて味わう和の生チョコレートシリーズ。

「〈赤銅〉はウィスキーのスモーキーな香りがチョコととろけてダンディな印象。抹茶に酒粕の香りが加わった芳醇な〈新緑〉、胡麻の風味が香り高い〈薄墨〉と、わびさびを感じる雅叙園らしいネーミングセンスも秀逸。自分で仕上げる最後のひと手間に気分もより上がります」(chicoさん)

ホテル雅叙園東京
PATISSERIE「栞杏1928」

所在地 東京都目黒区下目黒1-8-1 ホテル雅叙園東京1F
電話番号 03-5434-5230
営業時間 10:00~20:00
定休日 無休
席数 なし
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/lien

chico(ちこ)さん
スイーツライター。スイーツをこよなく愛し、女性誌を中心にライティング・コーディネートを手がける。『東京の本当においしいスイーツ探し』シリーズ監修。共著に『東京最高のパティスリー』がある。

» 他のチョコレートスイーツを見る

<この記事の掲載号>

CREA 2018年1月号

ふたり一緒にあれもこれも
楽しいデートしよう!

改めて言葉にするとちょっと気恥ずかしい「デート」。でも、いつものことも、初めてのことも一緒に楽しめたら、それはもうデートです! 大切な人との時間をさらに楽しむために、この冬もっとデートしたくなる1冊ができました。

特別定価800円

購入はこちら

2017.12.23(土)

Text=Etsuko Onodera
Photograph=Ichisei Hiramatsu

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2018年1月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ