今日の絶景

今日の絶景

高層ビルとショッピングモールが並ぶ
「フィリピンのウォール街」とは?

Magnificent View #1349
マカティ(フィリピン)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 「フィリピンのウォール街」と呼ばれるのが、首都マニラの南東に位置するマカティ市。

 ここは高級と謳われるあらゆるものが集まるエリアだ。中心部にはハイブランドのブティックが入るショッピングモールや5ツ星ホテルが並び、川沿いには高級住宅街がある。

 雑草が生い茂っていた一帯の開発を一手に手掛けてきたのは、アジア最古にしてフィリピン最大の財閥、アヤラ財閥だ。金融に不動産、通信、インフラと幅広く事業を展開するこの財閥が肝いりで開発した街は、この国の経済の中心地になったといっても過言ではない。

 すでに高層ビルや外資系企業が林立しているが、開発の勢いはいまだ衰えることなく、巨額の投資が続いている。めざしているのは、ニューヨークのような国際都市なのだそう。

2017.12.03(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ