今月のテーマ「きみを守る」

【MAN】
粛清対象となった総統のDNA
ヴァントたちは守れるのか

 ナチスが栄華を極めていた1940年。ヒトラーの血を受け継ぐ13人の子どもたちは、小さな村にバラバラに振り分けられ、秘密裡に育てられていた。だが、ナチスSS(親衛隊)長官のハインリヒ・ヒムラーにより、部下たちに6番(ゼクス)を除く12人を粛清する命令〈12Feld作戦〉が下される。

 SSたちは、9番(ノイン)ことフランツ・ノインがいる村にもやってくる。村ごと全滅させる予定だったが、ノインを守る壁(ヴァント)であるテオ・ベッカーに抵抗され、ノインを抹殺することには失敗。ノインを連れてシュプレリューゲンという町に逃げおおせたテオは、8番(アハト)のヴァントであるナオミ・ライジンガーと出会い、子どもを守るために共闘を決める。

 テオやナオミはノインやアハトを守り切れるのか。ヒトラーのDNAを継ぐ子どもたちが狙われている本当の理由とは。ナチをめぐる新たな物語の幕開けだ。

『NeuN』(既刊1巻) 髙橋ツトム

運動神経も鈍く、気も弱いノイン。〈こんな汚れた血〉〈僕達 生きてちゃいけないの?〉と出自を嘆くノインたちを、ナオミは〈悪いのは全てナチだ〉〈二人は生きる権利がマトモにある〉と慰める。ナチ統制下での正義や倫理に翻弄される人々は、苦悩し、生き延びる術を探る。
講談社 650円

» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

<次のページ> 大切な誰かを守り支えたい誓いを胸に

2017.12.06(水)
文=三浦天紗子

CREA 2017年12月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

贈りものバイブル。

CREA 2017年12月号

おいしいものから定番の名品まで
贈りものバイブル。

定価780円

例年、たくさんのアイテムを集めて撮影する『贈りものバイブル』の表紙ですが、今年はスタイリスト・田中美和子さんにお願いして、「もし、贈りもののお店を開くなら……?」をテーマに、素敵な品々をセレクトいただきました。その数、なんと40アイテム以上! 特集内にて一つひとつ、しっかりご紹介しています。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!