気になる世界の街角から

気になる世界の街角から

地中海の覇者シチリアの国王が眠る
大聖堂カテドラーレの屋上が爽快!

2018年イタリア文化首都
パレルモを一望する大聖堂の屋根の上

注目度高まる州都パレルモは、シチリア島の旅の拠点。大聖堂の屋根の上からは、旧市街が一望できる。

 都市の文化的アイデンティティの保存と同時に成長、経済的発展や市民の結束などを目的に、1985年に発足した欧州文化首都制度。毎年、欧州連合によって加盟国の都市が選出されています。

  そんな制度に呼応する形で、イタリアでも「イタリア文化首都」制度が2014年からスタート。イタリアの省庁のひとつ、文化財・文化活動およびツーリズモ省が毎年、イタリアの1都市を選出します。

パレルモの複雑な歴史を体現する世界遺産・大聖堂カテドラーレの外観は、ダイナミックでカオス。

 来年、2018年はシチリア州の州都パレルモ。イタリアで唯一イスラム、ラテン、ビザンチン文化の融合を果たした12世紀の世界遺産が彩る街で、さまざまな文化イベントが開催される予定です。それでなくても歴史遺産満載の街の見どころが、2018年はさらに増えそう!

注意書きに「閉所恐怖症および高所恐怖症の方はご遠慮ください」とある、とても狭い110段もの石の螺旋階段を登りきると、大聖堂の屋根の上!

 そんな業界内外で注目集まるパレルモを訪れるなら、まずはここから始めたいのがノルマン王宮と大聖堂カテドラーレ。

 どちらも「アラブ・ノルマン様式の建造物群」として世界遺産に登録されており、長く複雑なパレルモの歴史を知るための代表的なスポットですが、煌びやかな金のモザイクが飾るノルマン王宮に比べ、さらっとスルーされがちな大聖堂。壮大な外観をもちつつも、ネオクラシック様式の内観がイマイチ地味なせいかもしれません?

大聖堂の屋根の上で空中散歩。平日9:00~17:00(最終入場)。入場料は、屋根+国王墓石+宝物館+クリプタで7ユーロ、屋根のみ 5ユーロ。※日曜・祝日休(2017年11月現在)

 しかし、パレルモ大聖堂カテドラーレの見どころは、外観のみにあらず。内部の奥や地下、そして上にも!

 特に、ここ数年恒常的に入場可能になった屋根が人気。人は高いところに登りたくなるものなのでしょうか。ローマのサン・ピエトロ大聖堂、フィレンツェの大聖堂、ミラノの大聖堂……などなど、イタリア各地の登れる大聖堂シリーズに加えたいパレルモの大聖堂。“高所恐怖症お断り”の爽快な景色が楽しめます。

<次のページ> シチリア代々の王の墓や皇后の王冠も

2017.11.30(木)

文・撮影=岩田デノーラ砂和子

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ