気になる世界の街角から

気になる世界の街角から

シチリアの知られざるパワースポット!?
守護聖女サンタ・ロザリアの奇蹟の水

ゲーテが訪れた聖なる山の
頂に立つ洞窟教会

――巨大な岩の塊であるモンテ・ペレグリノは高いというよりむしろ幅が広く、パレルモ湾の北西端に横たわっている。その端麗な容姿はとうてい言葉では言い表し得ない。

~ゲーテ『イタリア紀行』(相良守峯訳/岩波文庫)~

パレルモを見守るように鎮座する聖なる山、モンテ・ペレグリーノ。

 かつてゲーテが訪れ、名著『イタリア紀行』にも記述されているモンテ・ペレグリーノ。巡礼の山、聖なる山とも訳されるこの山は、古代から聖地として地元の人々に崇められてきました。頂上には、パレルモの守護聖女サンタ・ロザリアを祀る洞窟教会があり、今もなお厚い信仰の対象となっています。

 1787年4月6日のゲーテの日記は、こう続きます。

標高609メートルのモンテ・ペレグリーノ山頂近くにあるサンタ・ロザリア教会。岩の中に埋め込まれたような不思議な造り。

「前世紀の初めに、この山のある洞窟の中においてこの聖女の遺骨が発見され、それがパレルモへ持ってこられた。そのために町はペスト病の流行から救われたので、それ以来、ロザリアはこの土地の人の守護聖女となったのである」

奇蹟を起こしたとされる前夜、つまり毎年7月14日の夜中に行われるサンタ・ロザリア祭の壮大なパレード。「ビバ・パレルモ! ビバ・サンタ・ロザリア!」と叫びながら練り歩く人々の熱狂ぶりに、いかに愛されている聖女かがうかがえる。
洞窟がそのまま祭壇や合唱室になっている。

 聖女ロザリアは、1130年パレルモで貴族の娘として生まれた後、13~15歳頃に許嫁との結婚から逃れて隠匿生活に入り、1170年9月4日にモンテ・ペレグリーノの洞窟で亡くなったと言われています。

 ゲーテが述べたように、1624年7月15日にマリアのお告げによって洞窟から遺骨が発掘され、翌年には、ペストで家族を失い自殺を図った男性の前にロザリア本人が現れ、パレルモの人々への信仰を説き、ペストが治まったという伝説が残されています。

ゲーテを魅了した美しいサンタ・ロザリア像。優美に横たわる姿は今も健在。

 美しい少女として現れ、街を救ったサンタ・ロザリア。洞窟をそのまま利用した教会内部には、トレードマークのバラの冠を載せた可憐な像が置かれていますが、なかでも中央祭壇に置かれた金の像は、ゲーテも絶賛。

 「美しい婦人像を見た」と始まる日記に、「白大理石の頭と手とはあまり高雅な様式だとは私は思わないが、それでもいかにも自然に好ましくできているので、今にも息をついて動き出すに違いないと思われるほどである。彼女のそばには小さな天使が立っていて、百合の葉で彼女に涼風を吹き送っている様子である」と綴られた通り、今も美しい姿で横たわっています。

オープンエアの珍しい教会ホールは開放的。神父曰く「世界で最も天井の高い教会ホール」だそう。サンタ・ロザリア像と自動センサーの聖水の噴水の脇には奇蹟へのお礼と供物がいっぱい。

 聖女サンタ・ロザリアの伝説は、「聖地あるある系」とはいえ、日付まで伝承されているあたり、かなり信憑性が高いような気がしないでもありませんが、まあ、信じるものは救われる……ようで、この洞窟に湧く水を飲み、病気や怪我が治ったというミラクルも多く語り継がれています。

<次のページ> 聖なる山の奇蹟の水をお土産に!

2017.08.20(日)

文・撮影=岩田デノーラ砂和子

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ