ひと晩&ひと朝限りの
ポップアップレストランが黒磯に

 「今、東京で最もヒップなレストランは?」という問いに、こぞって名が挙がるのは? そう、代々木八幡の「PATH(パス)」でしょう。

左:海外かと見紛う「PATH」の内装。
右:渋谷「ビストロ ロジウラ」を手がける原太一さん(右)と、「トロワグロ」でアジア人初のシェフパティシエを務めた後藤裕一さん(左)。

 オーナーは若き気鋭、シェフとパティシエのふたり。

 ともに「ミシェル・トロワグロ」で修業した王道フレンチ出身ながら、カフェやストリートの匂いを感じるエッジの効いた表現力で、オープン後まもなくブレイク! トルネードのように渦巻く話題と、熱い眼差しを一身に集めています。

 そんなPATHが、なんと栃木でひと晩&ひと朝限りのポップアップレストランを開く! という噂を聞き付け、駆け付けました。

もと家具店をリノベーションした、ひときわ目立つ大型施設。

 今夏、タッと降り立ったのは黒磯駅、カフェ好きなら誰もが心焦がれる「CAFE SHOZO」とその系列店が集う聖地として、つとに知られる町。この通称“SHOZOストリート”に2015年、巨大な異分子が出現しました。

開放的な空間に、物販と飲食のスペースが有機的につながった1階。

 約200坪という敷地内に、マルシェとダイニング、そしてゲストハウスが一体となったここ「chus(チャウス)」が、ポップアップレストランの会場です。

古材を使ったテーブルや椅子など、PATHの世界観とも近いインテリア。

 一歩、中に踏み入れたとたん! 緊張とときめきの混ざったざわめきが、わっと耳にこだまします。厨房とホールを慌ただしく往来するスタッフ、めいめいに“らしさ”を忍ばせつつ、凛と待つ客たちのドレスアップ。それらが醸すある特別な空気感は、加えて、空間演出がもたらす力も大きいでしょう。

キャンドルは「AKARI CANDLE」、装花は「やぎや生花店」という地元のクリエイターたちがボランティアで参加したとか。

 吹き抜けを大胆に使った宙吊りの樹々、間をめぐるようにあまた光るキャンドルの灯りは、胸を焦がす美しさ。

各テーブルにはお皿と、素朴な花を結わえたナプキンが。

 さて、ディナーはお酒と料理のペアリングを楽しむコース仕立て。謎めく暗号のように食材名がただただ並ぶメニューが、かえってイマジネーションと期待を掻き立てます。

<次のページ> カニのリゾットを日本酒とともに

2017.11.21(火)
文・撮影=山村光春

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!