マレーシアごはん偏愛主義!

マレーシアごはん偏愛主義!

山の天然水が育んだ町イポーに
マレーシアの絶品グルメが勢ぞろい!

 知る人ぞ知る美食の国、マレーシア。この連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。

首都からちょっと足をのばし
美食の町イポーへ!

 KLセントラル駅から高速電車で2時間半。クアラルンプール、コタキナバルに次いで3番目に大きな都市、イポー。山から流れ出る天然水がとても綺麗で、その恵みから、おいしいごはんの宝庫、といわれています。

 イポーチキン、イポーヌードル、ソルトチキン、点心、豆腐のスイーツ、もやし、カヤパフ、カスタードプリン……など名物料理を挙げればキリがないほど。

名物「イポーチキン」。地元のカンポン・チキン(地鶏)に、シャキシャキのもやし、つるっとすべらかな米麺を合わせるのがイポー流。

 イポーの味は、スパイスや辛さはひかえめで、日本人でも食べやすいシンプルな味つけ。それでいておいしさが際立っているのは、水が育んだ素材そのものの、質の高さのおかげなのです。

 また、イポーの中心地は、ニュータウンとオールドタウンの2つのエリアに分かれていて、それぞれのエリアは徒歩でまわることが可能。観光客でも地元の人気店にたどりつけるのも、イポーの魅力。

昔ながらの町並みが残るイポーは、映画のロケ地にもよく使われている。邦画『セカンドバージン』も、この町で撮影された。
オールドタウンはアートの町でもある。アーティストによる作品が路上に飾られ、民家の壁にはウィットに富んだ絵が描かれている。

 ということで今回は、イポーで食べ歩き! イギリス発祥のガイドブック『ロンリープラネット』が「2016年アジアで訪れるべき町10」の第6位に選んだイポーを“ごはん目線”で紹介します。

<次のページ> イポーでは、朝7時から食欲を全開に!

2017.04.07(金)

文・撮影=古川音(マレーシアごはんの会)

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ