新着! 世界のホテル・インフォメーション

新着! 世界のホテル・インフォメーション

「セントル ザ・ベーカリー」と提携した
丸ノ内ホテルの朝食が話題!

人気ベーカリーがホテルと初コラボ!

 1924年(大正13年)に創業した「丸ノ内ホテル」は、日本の玄関口東京駅前に構える宿として、90年以上の歴史を刻む老舗ホテルだ。

 2004年には東京駅丸の内北口再開発で複合商業施設「OAZO」の一画に居を移し、リニューアルオープン。都会のオアシスとして、やすらぎあふれるモダンな空間を演出し、ゲストひとりひとりに心あたたまるおもてなしを提供することをモットーにしている。

 そんな「丸ノ内ホテル」が、メインダイニング「ポム・ダダン」の洋朝食メニューを一新。「行列のできるパン屋さん」として有名な銀座の高級食パン専門店「セントル ザ・ベーカリー」と提携、同店の食パン「プルマン」をホテルのメニューとして初めて採用し、注目を集めている。

メインダイニング「ポム・ダダン」は、朝食からディナーまでさまざまなシーンで利用できるオールデイダイニング。丸の内の景色を眺められるテラスも好評。

 今回の洋朝食メニューのリニューアルコンセプトは、「Enjoy!メインプレート@モーニング」。そのいちばんの特徴は、メイン料理をプリフィックススタイルで選べるようになったことだ。「選べるメインプレート+サイドブッフェディッシュ」という新しい構成を採用することで、従来の「ホテルの朝食=ブッフェ」というイメージを刷新する内容となっている。

メインプレートの一例 「ポーチドエッグと季節野菜のポトフ仕立て ~厚切りバタートースト添え~」。

 メインプレートは、「セントル ザ・ベーカリー」の食パン「プルマン」の質感と味を最大限に引き出したメニューをラインナップ。「トーストの味を最大限に引き出す」料理、「生の食パンとのマリアージュを楽しむ」料理、「デザート感覚の食パンを楽しむ」料理の3タイプがあり、それぞれ月替わりで数品が登場する。

「フレンチトースト ココット仕立て」は、デザート感覚の食パンが楽しめるメインプレート。メインプレートのほか、季節の温冷野菜のサイドブッフェ、ジュース、シリアル、コーヒー(または紅茶)がセットで、料金は2,970円(税・サ込)。

 ホテルの朝食で贅沢気分を味わいたいというニーズの高まりを受けてスタートした、この「Enjoy!メインプレート@モーニング」は、宿泊ゲストのみならず、ビジター利用もOKというのもうれしいポイント。休日のちょっと贅沢な朝食に、ぜひ足を運んでみてはいかが。

丸ノ内ホテル
所在地 東京都千代田区丸の内1-6-3
電話番号 03-3217-1117(「ポム・ダダン」直通)
http://www.marunouchi-hotel.co.jp/

2017.01.11(水)

文=立花奈緒(ブレーンシップ)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ