今日の絶景

今日の絶景

夕暮れが美しいミャンマーの丘は
仏像や仏塔にあふれた仏教の聖地

Magnificent View #1150
マンダレーヒル(ミャンマー)

(C)Albert Normandin / Masterfile / amanaimages

 ヤンゴンに次ぐミャンマー第二の都市、マンダレー。ビルマ最後の王都が置かれていたこの街には、19世紀中頃、数々の仏教建築が建てられた。

 なかでも多くの仏塔が集まる場所が、標高約236メートルの丘、マンダレーヒルだ。

 丘は全体が寺院となっている。参拝者はふもとにある入り口で靴を脱ぎ、階段を裸足で1時間ほど昇り、頂上を目指す。

 途中には多くの仏像や仏塔があるが、最も有名なものが、仏陀の像。巨木を彫り全体を金箔で覆った高さ約8メートルの像は、インパクト大。階段を昇るのは少々疲れるが、これらを眺めながらの参拝は、ちょっとしたピクニック気分だ。

 ここはマンダレー最大の聖地であるとともに、絶景スポットでもある。とくに夕暮れどき、頂上から眺める街は格別の美しさなのだそう。

2016.11.23(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ