今日の絶景

今日の絶景

『ロビンソン・クルーソー』の舞台は
カリブ海に浮かぶ小さな島だった?

Magnificent View #1072
トバゴ島(トリニダード・トバゴ)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 カリブ海にあるトリニダード・トバゴは、主にトリニダード島とトバゴ島の2島からなる国。世界三大カーニバルのひとつに数えられるトリニダード・カーニバル、「20世紀最後のアコースティック楽器」と呼ばれるスティールパン、世界有数のウミガメの産地などで知られる観光地だ。

 首都があるのがトリニダード島で、より小さく、ローカル色が強いのがトバゴ島。面積はトリニダード島のほぼ10分の1。その名は、先住民が吸っていたタバコから付けられた。

 もともと、ここは先住民のカリブ族が暮らす島だった。1498年、コロンブスが到着すると、貿易風の通路にあたり航路の重要な位置にあったこの島は、ヨーロッパ各国の間で取り合いに。1814年にイギリス領となり、1962年、トリニダード島とともに独立した。

 この島の一番の魅力は、カリブ海らしいエメラルドグリーンの海と素朴な自然。冒険小説『ロビンソン・クルーソー』の舞台はチリにあるロビンソン・クルーソー島(旧名マサティエラ島)というのが通説だが、実際の舞台はここトバゴ島ではないかとも言われている。

2016.09.06(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ