今日の絶景

今日の絶景

ジョージ・ワシントン大統領も愛した
「永遠の6月」と呼ばれるリゾート地

Magnificent View #893
ナッソー(バハマ)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 カリブ海のリゾートとして知られるバハマ。その首都が、ニュープロビデンス島にあるナッソーだ。

 首都とはいっても、中心地に高層ビルが立ち並ぶ風景はここにはない。1973年までイギリスの植民地だったことから、街には英国風のアンティークな家が立ち並んでいる。

 一方、ビーチ沿いには大型のリゾートホテルが連なり、雰囲気はリゾート一色。カジノやタックスフリーのショッピングが楽しめるうえ、アメリカのマイアミから飛行機で約1時間とアクセスがいいため、ここはカリブ諸国の中でも有数の旅行先となっている。

 気候は一年を通して穏やか。北米が冷え込む真冬もナッソーは過ごしやすいため、アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンがここを「永遠の6月」と呼んだのは有名な話。実際、肌寒くなく、暑すぎない12月から3月にかけてがベストシーズンとなっている。

2016.03.11(金)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ