佐賀・有田焼の窯元を訪ねる

佐賀・有田焼の窯元を訪ねる

「有田焼」の常識を覆す新発想
名門窯元の新たなるチャレンジとは

 2016年は日本で磁器が誕生して400年。安土桃山時代に朝鮮半島からわたってきた陶工技術者のひとり李参平が、佐賀県有田町で磁石場を発見し、初めて磁器を焼いたのが1616年のことだ。有田焼の歴史はここからはじまる。17世紀後半にはヨーロッパに輸出されるようになり、真っ白な磁肌と鮮やかな色絵は王侯貴族たちの心をおおいに魅了した。そして400年の時を経て今、有田焼は新しい時代を歩んでいる。

 有田焼の祖、李参平の住居跡に建てられた「李荘窯」、有田焼の歴史を紡いできた「柿右衛門窯」のふたつの窯元を訪ねた。世界にその名を誇る有田焼。新しい未来へのチャレンジはすでにはじまっている。

◆ 李荘窯

銀座の日本料理店「六雁」と共同開発した珠型五段重と三段重。製作には、ミリ単位までの正確さを実現する職人の技が不可欠。

 李荘窯は、有田焼の祖、李参平の住居跡に建てられた窯。その敷地を掘ったところ、400年前の陶片がたくさん土の中から現れたという。長い時間を経ても色褪せない魅力的な染付のブルーに魅せられて、4代目の寺内信二さんは、味わい深い染付絵皿を作り続けている。

 そしてその一方で、デザイン設計や削り出しの作業には3Dプリンタやモデリングマシンといった最新技術を駆使し、まるでオブジェのように見える新しい有田焼も生み出しているのだ。

 有田焼といえば、澄んだ白磁に美しい絵が描かれたもの、というイメージが強いかもしれない。だから、銀座の和食レストランとのコラボレーションで生まれた球体のお重には、誰もが驚くはずだ。

こちらも「六雁」とのコラボによる家型七段重。内側にある仕切りは革新的な製法によるもの。盛り付けのアイデアが広がる。

 寺内さんいわく、「食器は料理を盛りつけたものが完成形」。たしかに、お重をひとつひとつ開けたとき、中から色とりどりの食材が現れる様子を想像してみると楽しくなってくる。

重箱といっても和食だけではなく、和菓子や洋菓子を盛りつけてゲストをおもてなしするのも素敵。

 「古くから和食には、料理だけではなく器も楽しむという文化があります。今、世界もそんなスタイルを求めているんです」。だから、李荘窯の有田焼は、国内外の名シェフたちから評価され、実際に多く使われている。

有田焼の陶祖である李参平の住居跡に、明治期、初代が窯を創設したのが李荘窯のはじまり。

 緻密な細工や造形は手作業が多く、確かな技術があってこそ成り立つもの。球体のお重をはじめ李荘窯で作られる作品は、奇をてらっているわけでも前衛的な作品を作りたいわけでもない。時代が求めているものを見つけ出し、高いクオリティで実現する。それが今の有田の姿だ。

李荘窯業所 李荘窯(りそうがま)
電話番号 0955-42-2438
URL http://www.risogama.jp/

●ショールーム
営業時間 8:30~17:00
定休日 不定休(土日祝は要問い合せ)

<次のページ> 柿右衛門窯

2016.03.04(金)

取材・文=嵯峨崎文香
撮影=山元茂樹

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ