佐賀・有田焼の窯元を訪ねる

佐賀・有田焼の窯元を訪ねる

400年の歴史を手のひらにおさめた
「豆皿」から始まる有田焼をめぐる旅

 ある日ふらりと立ち寄ったショップで、たくさんの素敵な豆皿に出会った。直径6~10センチ、手のひらにすっぽりおさまるほど小さなお皿なのに、透き通るような白磁の上に紅や藍色の繊細な絵が描かれていて、とても上品。「このお皿に、なにをのせる? カップケーキ、アクセサリー、それとも……」。磁器ならではのひんやりとした手触りを感じながら、楽しい想像は尽きない。

(C)實重 浩

 聞くと、これらの美しい豆皿は佐賀の有田焼だという。しかも1枚1,000円前後から購入できる。有田焼といえば、400年の歴史をもつ、日本が誇る伝統工芸のひとつだ。豪華絢爛な色絵の「高価で大きなお皿」というイメージが強かったから、正直、驚いた。

 この小さな豆皿から感じたのは、新しくていきいきとした、強烈なエネルギーだ。時を重ねて極めた手仕事の確かさに加わった、新しい力。その力の源を、この目で見てみたい。むくむくと湧きあがった好奇心をおさえきれず、有田焼の里へ旅をすることにした。

 そこで目にしたのは、いわゆる「旧き良き伝統工芸の里」ではない。現代を生きる職人たちの誇りと情熱に満ちた、日本の伝統工芸の未来の風景だった。

有田焼を代表する柿右衛門窯の工房。有田では今、若い女性職人が多く活躍している。

「有田焼」の常識を覆す新発想
名門窯元の新たなるチャレンジとは

有田焼の祖、李参平の住居跡に建てられた「李荘窯」、有田焼の歴史を紡いできた「柿右衛門窯」のふたつの窯元を訪ねた。新しい未来へのチャレンジはすでにはじまっている。

» 詳細はこちら


見て、触れて、味わって
五感がときめく有田焼を体験する

女性も活躍する工房見学、次世代を担う若い陶工職人の作品が並ぶギャラリー、有田焼の器で目にも麗しい料理を提供するレストラン。有田焼の「今」を体感できるスポットを紹介しよう。

» 詳細はこちら


日常生活に伝統美の彩りを添える
若きクリエイターが生み出す新しい有田焼

いつの時代も、技術を受け継ぎ歴史を刻むのは「人」だ。有田の地で窯を守り有田焼の未来を背負った、次世代の若きクリエイターをフィーチャーする。

» 詳細はこちら


400年の時を経ていまなお進化中!
有田焼の新たな未来を訪ねる旅

現代のニーズに応える有田焼を提案する「福珠窯」、伝統の“フカガワブルー”を今に伝える「深川製磁」。ショールームやギャラリーを完備し、見応えたっぷりのふたつの名窯を訪ねた。

» 詳細はこちら


「ARITA SELECTION きんしゃい有田豆皿紀行」

 有田の地で日本ではじめて磁器が焼かれた1616年から今年で400年。それを記念した「きんしゃい有田豆皿紀行」プロジェクトでは、26の窯元の豆皿を紹介している。

» 詳細はこちら(外部サイト)


2016.03.04(金)

取材・文=嵯峨崎文香
撮影=山元茂樹

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ