服やメイクにいくら気合を入れても、口臭ひとつで全てが台無し……。オーラルケアは、女子のたしなみの中でも、とくに重要です。でも、口臭は普通に歯磨きしただけでは消えないんです。ショック!!

「口臭外来」のある慶友銀座クリニックの大場俊彦先生に、正しい口臭対策を教えていただきました。

» 第1回 今からでも間に合う花粉症対策妊婦は薬に要注意。最新レーザー治療も
» 第2回 恋人にも相談できない「いびき」の悩み治療で肌が美しくなる、寿命が延びる!
» 第4回 無理なダイエットで耳が聞こえなくなる!? 妊婦、ピル服用者も気をつけたい難聴

口臭の原因は、ほぼ「食べかす」

「口の中の原因として、1つ目は、歯周病や虫歯などの疾患。2つ目は、舌の表面にできるコケ、そして3つ目は口の中に残った食べカスですね」

 そう話すのは、東京・東銀座のクリニックで、「口臭外来」を開設した大場俊彦先生。耳鼻科の専門医ですが、銀座という土地柄、口臭の悩みを打ち明けられることがとても多いそう。

「とくに接客業の若い女性は、みなさん口臭を気にされています。相談をうけたら、まずは歯科で検査を受けるよう、おすすめします。歯周病や虫歯が原因なら、歯科で治療する必要があります。そうでない場合、ほとんどは自分で対策できます」

 舌のコケは、どうケアすればいいのでしょうか。

「舌のコケには臭いの成分が入っていますが、とりすぎると舌があれてしまい、炎症を起こしてしまいます。舌のコケをとる場合は、ブラシタイプではなく、ヘラタイプを私は推奨しています。必ず歯科医の先生の指導の下に行ってください。絶対やりすぎは禁物です」

 ちなみに、食事をした直後はあまり口臭がしません。これは唾液のおかげ。唾液がたくさん出て、口内の菌を洗い流してくれるからだそうです。

「口の乾燥は、口臭予防の大敵」と覚えておきましょう。

<次のページ> 歯磨きは口臭予防に効果無し!?

2014.03.02(日)
文=中津川詔子
写真=vita khorzhevska / Shutterstock.com

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!