Magnificent View #067
マサイマラ国立保護区(ケニア)

(C) Arthur Morris / Corbis / amanaimages

 ここはケニアの南西部、タンザニアとの国境沿いに位置するマサイマラ国立保護区。その広大なサバンナを埋め尽くさんとしているのは、ヌーの大群である。

 ヌーとは、アフリカ南部に生息するウシの一種。あたかもウシとカモシカをかけ合わせたかのような姿をしており、ウシカモシカなる和名が与えられている。

 今、行われているのは、「グレート・マイグレーション」。150万頭ものヌーの群れが、餌となる草の青々と茂った地を求めて季節ごとに大移動するのだ。ケニアとタンザニア、ふたつの国をまたいだ旅は、半年も続くという。

 いななきと地鳴りが大地に轟くその様子は、壮観としか言いようがない。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2013.12.06(金)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!