今日の絶景

今日の絶景

チリの高地に広がる塩湖には
膨大な金属資源が眠っている

Magnificent View #046
アタカマ塩湖(チリ)

(C) Macduff Everton / Corbis / amanaimages
大きな画像を見る

 アタカマ塩湖は、ボリビアのウユニ塩湖に次ぐ面積を誇る世界第2位の塩湖である。

 こちらの湖の塩には、ハイブリッド自動車などに使用される電池の原料となる金属、リチウムが豊富に含まれている。その量は、実に世界の27パーセントをも占める。

 この塩湖は、アタカマ高地と呼ばれる砂漠地帯の中央にある。実はこのエリア、海抜が高く外気も乾燥していることから、宇宙観測にうってつけの風土として有名。そのため、各国がこぞってさまざまな観測施設を置いている。

 現在、東京大学もこの付近に天文台を建設するプロジェクトを進行中だ。完成の暁には、標高5640m地点に口径6.5mの巨大望遠鏡が設置される予定。世界最高の位置に建つ望遠鏡になるというから、大宇宙への夢が広がる。

2013.11.15(金)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ