アダムとエバの「原罪」は「自意識を持つこと」だった? なぜ神はアベルをえこひいきしたの?

 誰もが知っている聖書のエピソードを、もっと深く掘り下げてみたら……。

 共にキリスト教徒の中村うさぎさん、佐藤優さんのナビゲートで聖書の世界を旅してみませんか。

よく知られたエピソード満載
「創世記」を読む

中村 旧約聖書が成立したのは、いつごろなんですか?

佐藤 紀元九〇年ごろに律法書や預言書、諸書の三十九文書が編集され、確立されたとされているんです。「創世記」はこの中の律法書(トーラー)に含まれています。

中村 聖書では「創世記」のあとに「出エジプト記」が出てきますが、それっていつごろの話?

佐藤 モーセがヘブライ人を引き連れて出エジプトを行ったのは、紀元前一二八〇年ごろですね。

中村 日本じゃまだ縄文時代か。

佐藤 まだ日本はマシなほう。一千年前のロシア人なんて洞穴に住み熊のそばで暮らしていた……。

中村 嘘だよ、ぜったい嘘(笑)。

佐藤 創世記の最初、神は一日目に「光あれ。」と言われて光と闇を分け、二日目は大空を、三日目は陸と海を、人間が創造されるのは六日目。聖書にはこうあります。《神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう……」》ここで神は「我々」と複数形を使っているんです。

中村 ほんとだ。気がつかなかった。すると、一神教じゃないのか。

佐藤 神が自分のことを一人称複数で「我々」と語る箇所は何カ所かあります。神学的に言うと、この場合は「熟慮の複数」の用法。

中村 それは、どういうこと?

佐藤 人間を造ろうとして、よくよく考えるわけです。こうしたものを造っていいのか、どのように造ればいいのかと。我々だって熟慮するときは、いろんな人の立場に立ってみて考えたりするでしょ。

聖書を読む

物質的には豊かでも、先の見えない時代だからこそ人は宗教に救いを求めます。二千年近く、人々に読みつがれてきた「聖書」。その奥深い世界を、もっと面白く読み解くための神学入門書となる一冊です。

中村うさぎ・佐藤優
定価1785円 文藝春秋刊

» 立ち読み・購入はこちらから(文藝春秋ホームページへリンク)

<次のページ> アダムとエバの原罪

2013.09.29(日)

CREA 2013年10月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

30代からのマストコスメ

CREA 2013年10月号

コスメ難民よ集まれ!
30代からのマストコスメ

定価 670円(税込)

30代は女の運命の分かれ目。エイジングが表れ始める時期だからこそ、正しい美容をやった人、やらなかった人で大きな差が出るんです。そこで今回の必読記事No.1は「30代からのマストビューティ190」。最新コスメはもちろん、下着や寝具、目薬まであらゆるジャンルの“きれいをつくる名品”を厳選して、掲載しました!

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!