ミシュラン1ツ星シェフ
監修のダイニングも!

 銀座にまたひとつ、新しいホテルが誕生した。2019年3月20日(水)にグランドオープンしたホテル、その名は「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8(ギンザエイト)」。

 ロイヤルパークホテルズが手掛ける、新ブランドだ。

 「キャンバス」というブランド名には、“キャンバスに絵を描くかのごとく、自由に自分色で利用してほしい”という想いが込められているのだとか。

 ゲスト一人ひとりの滞在が自分スタイルになるようにと、充実したファシリティやコラボレーションルームを用意しているのが特徴だ。

 さらに館内には、コンテンポラリーアートの数々が飾られ、ゲストの感性を刺激する。

1階のロビーには、10mのロングカウンターが印象的なティーサロン「SARYU(サリュウ)」を併設。無農薬有機栽培農法にこだわったお茶をはじめ、ユニークなモクテル(ノンアルコールカクテル)やティーカクテルの数々が、お茶菓子とともに楽しめる。

 客室は全121室。その中でも注目したいのが、13階のコンセプトルーム。

 デザインを手掛けたのは、国内外で高い評価を得ているディレククター室賢治氏が率いる、「GARDE」のプロジェクトチーム。

 デザイン会社「GARDE」は、1階のパブリックスペースとカフェ、 2階ラウンジ、14階レストランなどのデザインも担当していて、1950~60年代のミッドセンチュリーヴィンテージ家具と、現代アート作品がミックスした空間を生み出した。

 デジタルな時代に、あえてアナログ・ヴィンテージ感を融合することで、懐かしくも新鮮さが感じられる仕掛けとなっている。

客室は広さの異なるタイプ別のダブル、ツインルームが中心。写真はコンセプトルームの一例。
自由な使い方ができる「CANVASラウンジ」(写真)、イベントなどで使われる「CANVASキッチン」、イベントの際にアーティストがプレイする「ミュージックライブラリー」など施設多数。「フィットネスジム」にはイタリア製高級フィットネスマシン、テクノジムのマシンを導入している。

 最上階のオールデイダイニングレストラン「Opus(オーパス)」は、このホテルを滞在のみならず、銀座の新しいダイニングスポットとして注目を集めそうな存在だ。

 メニューは、2019年ミシュラン1ツ星を獲得した、広尾のフランス料理レストラン「Ode(オード)」のオーナーシェフ生井祐介氏が監修。

 メイン料理は、日本各地から取り寄せた魚介や野菜を特製窯で調理する“モダンシーフードグリル”。フレンチを融合させた独創的なアラカルトのほか、コース料理、ペアリングなども。

 また、メインから1種(肉・魚・ブレッド)と卵料理、スープ、ハーフブッフェ(サラダなど)がセットになった朝食(2,700円)もビジター利用可能。

 朝食、セミブッフェスタイルのランチ、そしてディナーを供するダイニングは、さまざまなシーンで活躍すること請け合い。

オールデイダイニングレストラン「Opus(オーパス)」には、銀座の夜景が楽しめるテラス席も。

 観光やビジネスユースはもちろん、自分へのご褒美ステイ、デートや女子会などでダイニングを利用するなど、使い方は自由自在。

 遊び心にあふれた新たなスタイルホテルで、自分流の過ごし方を。

ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8

所在地 東京都中央区銀座8-9-4
電話番号 03-6205-8010(代)
https://www.canvas-ginza8.jp/

Column

至福のホテル最新ニュース

ラグジュアリーなリゾート、洗練されたシティホテル、和みの温泉旅館……。
世界の津々浦々から、とっておきの最新情報をお届けします!

文=立花奈緒(ブレーンシップ)