時を重ねることで生まれる優雅な雰囲気と建物からしつらえに至るまで、数々のストーリーに彩られたクラシックホテル。極上の眠りのあとの贅沢な朝食も楽しみのひとつ。

 おすすめのホテルを、「世界のベストレストラン50」日本評議委員長の中村孝則さんに教えてもらいました。


おすすめの朝食は
アボカド&エッグベネディクト

●東京ステーションホテル

since:1915
architect:不明
number of rooms:150

 重要文化財である東京駅舎の中にありながら、喧騒と離れた静かな空気が漂うクラシックホテル。

 チェックイン時には、全長330メートル超の客室廊下に展示されているアートワークや、2012年の保存・復元工事の逸話などが紹介されたリーフレットが渡され、見所の多さに圧倒される。

 ヨーロピアンクラシカルの瀟洒な客室にはさまざまなタイプがあり、特にファンが多いのは駅舎ドームに面した天井高約4メートルの客室と、二階建ての客室。

 開業100周年を迎えた15年には「スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」に加盟し、昨年は「最優秀グルメホテル賞」受賞。

 もちろん朝食も豪華で、駅舎の屋根裏を生かしたゲストラウンジ「アトリウム」のブッフェには、常時110種類以上の料理が並ぶ。

 一番人気のアボカド&エッグベネディクトは必食だ。

東京ステーションホテル

所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1
電話番号 03-5220-1111
宿泊料金 
◆1室1名利用時の1名最低料金 (平日、休前日ともに) 29,611円~
◆1室2名利用時の1名最低料金 (平日、休前日ともに) 19,111円~
※すべて1泊朝食付き
ひとり料金 1泊朝食付き 29,611円~
ひとり対応 通年可
客室数 150室
食事 朝:食事処/夕:食事処
チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00
交通 JR東京駅丸の内南口改札直結
https://www.tokyostationhotel.jp/

●紹介してくれたのは……
中村孝則(なかむら たかのり)さん

コラムニスト、美食評論家。ラグジュアリー・ライフ関連の執筆活動やテレビ番組で活躍。「世界のベストレストラン50」日本評議委員長。

※宿泊料金は、とくに表記のない場合は、税金・サービス料別の最低料金を記載しています。入湯税は含まれている場合もあります。詳しくは施設にお問い合わせください。

2019.01.13(日)
Text=Megumi Komatsu
Photographs=Nanae Suzuki

CREA 2019年2・3月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

ひとり温泉、ひとり宿。

CREA 2019年2・3月合併号

ほっとする旅館から最新のホテルまで
ひとり温泉、ひとり宿。

特別定価800円

好評の「ひとり温泉」特集。調べてみると、ひとりに優しい宿が、驚くほどたくさんありました。注目ホテルのオープンが続く今年は、宿に詳しい50人以上の方に、おすすめの温泉やホテルを伺い編集部が徹底取材へ! 新しい魅力と発見がいっぱいでした。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!