「CREA」2018年11月号は、本の特集。“101人の本と音楽とコーヒー”と題し、本と音楽とコーヒーを愛する101人に、大切な1冊、1曲、1杯を教えてもらう、そんな一冊となっている。

 ということで、読書の秋にちなみ、ちょっと贅沢な読書が楽しめる星野リゾートのロマンティック空間をご紹介。


「紅葉図書館」が
人と本とをつなぐ

◆軽井沢星野エリア

軽井沢星野エリアのカラマツの丘(星野温泉・トンボの湯前)では、無料で利用できる「紅葉図書館」を2018年11月9日(金)までの期間限定でオープン中(毎日10:00~16:00/雨天中止)。

 星野リゾートが運営する日帰り商業施設「軽井沢星野エリア」は今まさに、紅葉の見ごろを迎えている。そんな軽井沢星野エリアに2018年11月9日(金)までの期間限定で、本を通して人と人をつなぐ屋外ブックスペース「紅葉図書館」が開かれている。

この秋に初登場したこの「紅葉図書館」は、美しい紅葉と青空が見える屋外に設置された、誰もが自由に立ち寄れるブックスペース。

 誰でも立ち寄れる「紅葉図書館」には、星野エリアのスタッフが選ぶ、軽井沢で読んでほしい本がずらりと並ぶ。青空と紅葉のコントラストが美しい軽井沢の地で、好みの席をキープし、好みの本を読む。そんな贅沢な時間を過ごすことができるのだ。

 「紅葉図書館」は、ただ無料で本が読めるスペースというわけではない。

 選者がおすすめしたい本のブックレビューを掲示する“感想文ツリー”が設けられているのも特徴のひとつだ。

 それぞれの本の選者が、思いあふれるレビューを葉の形の用紙に記し、樹木を模したツリーに飾る。そして、そこを訪れた人もレビューを加え、今まで読んだ本の中から、軽井沢での生活に新たな発見を与えてくれた本について記し、ツリーに飾る。

 こうしてツリーは、日を追うごとにレビューの葉で飾られ、賑やかになっていく。この感想文ツリーは、知らなかった本との出会いのきっかけにもなってくれるはずだ。

 また、琴線にふれたページ、新しい発見があったページなどに貼って、感動を人に伝えることができる小さな付箋“ひとことブックマーク”も、人と人、人と本をつなげるコミュニケーションツールのひとつ。

「紅葉図書館」に並ぶ本はすべて、軽井沢での暮らしを楽しむ星野エリアのスタッフがセレクトしたもの。“温泉とサウナで温まる”や“信州の秋を食べる”など、軽井沢での過ごし方を豊かにする発見がある8つのテーマをラインアップ。

 また「紅葉図書館」では、不要となった本の寄贈を受け付けている。集まった本は、オンライン上の書店を運営する「バリューブックス」を通して販売され、その売上は、NPO法人「ピッキオ」が行うクマ保護管理活動に活用される。

 ちょっぴり贅沢なシチュエーションで読書を楽しみたい。新しい本との出会いを楽しみたい。そんな人こそぜひ「紅葉図書館」を訪れてほしい。

軽井沢星野エリア

所在地 長野県北佐久郡軽井沢町星野
電話番号 0267-45-5853
http://www.hoshino-area.jp/

文=立花奈緒(ブレーンシップ)