“世界一安い星付きレストラン”が
ついに日本上陸!

◆添好運(日比谷)

女子4人で全メニュー制覇を目指して訪問。さて、香港の味は再現されているのか!?

 4年連続でミシュランの3ツ星を獲得したフォーシーズンズホテル香港「龍景軒」の点心師、Mak Kwai Puiシェフが、Leung Fai Keungシェフとともにオープンしたのが、この添好運(ティム・ホー・ワン)。“よりカジュアルに、日常的に本物の味を”のコンセプトのもと、オリジナリティあふれる点心を提供している。

 2010年には、こちらもミシュラン1ツ星を獲得。“世界一安いミシュラン星付きレストラン”と称されるようになった。現在では台湾をはじめとするアジア各国やオーストラリア、アメリカにも進出。そんな話題の店が、ついに日本にもやってきたのだ!

場所は日比谷シャンテ別館。ゴジラのモニュメントの裏手にある。

 オープンしたのは2018年4月8日(日)。11時の開店にもかかわらず、7時半には客が並び出した。10時に獅子舞が登場すると、現場はお祝いムード一色に。高鳴るドラの音(ね)に、こちらの期待も膨らむ。やがて行列は驚きの長さに! 昼のピーク時には4時間待ち(!)にまでなっていた。

 約2時間待ったところで私たちも入店。たっぷりと光が差し込む、いい雰囲気の店内。客席数は92あるそうだ。オープンキッチンを覗くと、そこにはスタッフがてきぱきと働く姿。立ち上る湯気に、わくわくが止まらない。あー、お腹がすいた。

2人、4人、6人がけのテーブルがある。香港の店より、客席の間はゆったり。

 テーブルには、ポットに入ったプーアール茶がセット。「なんだよ、飲茶なのにお茶はこれだけ?」と思う香港通もいるだろうが、実はこれが添好運スタイル。香港の店と同じだ。

 早速オーダーしてみよう。テーブルには写真付きメニューと注文用紙。これまた香港と同じ! よーし、早速鉛筆で希望数を書き込み、スタッフに渡す。

用紙は何枚ももらえるので、一度に頼まなくても大丈夫。ドリンクは口頭での注文も可。

 まず運ばれてきたのは大根餅(480円)。おっ、ちゃんとシラチャーソースが添えられている。なめらかな口どけ、ほんのりと海老の香り。幕開けにぴったりの品だ。

オーダーを受けてから作るので、すべて蒸したて、焼きたて!

 きたー! シグネチャーのベイクド チャーシューバオ(580円)。

 メロンパンのような甘いパン生地に、チャーシュー餡がたっぷり。塩キャラメルのような甘い&しょっぱいが好きな人にはたまらない逸品。香港で初めて食べた時の感動がよみがえる。いや、それ以上かも!?

ベイクド チャーシューバオのみ、店の右手にあるテイクアウトコーナーで購入可能。1日200セット限定。

 王道点心をチェック。ポークと海老の焼売(580円)もうまいが、海老の蒸し餃子(580円)には驚いた。皮がとにかく秀逸! このクオリティで500円台とは!

中の海老もぷりっぷり。しっかり味がついているので何もつけないでどうぞ。

 ほかに、海老とニラの蒸し餃子(580円)や7種野菜の蒸し餃子(480円)もいただく。皮から具が美しく透けて見える「粉菓」系も上手。

皮と具のバランスもいい。技術の高さに全員が「うんうん」と首を縦に振る。

 ビールやハイボールもメニューにあるし、このあたりでつまみ系も押さえておこう。

 白身魚とポークの甘長唐辛子焼き(680円)、海老の湯葉春巻(680円)、茄子の海老団子揚げ(580円)。

サクサクッとした湯葉の食感がすばらしい。どれも、見た目より軽い仕上がり。

 ポークのワンタン 香辣黒酢(580円)は四川風の味付け。キノコと筍の揚げ春巻(580円)にはお好みでリーペリンソースをかけて。

メニューをしぼってはあるが、バラエティに富んだ内容で飽きさせない。

<次のページ> 〆はごはん? それとも甜品?

2018.04.30(月)
文・撮影=Keiko Spice

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!