Magnificent View #1373
スヴェティツホヴェリ大聖堂(ジョージア)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ムツヘタは、紀元前4~紀元後6世紀に存在していたイベリア王国の首都として栄えた古都。大相撲2018年初場所で優勝した力士、栃ノ心の出身地として、街の名を聞いたことがある人もいるだろう。

 街の中心に立つのは、スヴェティツホヴェリ大聖堂だ。創立は4世紀。当初は木造だったが、11世紀に現在の石造の建物に再建された。長い歴史を誇るこの大聖堂は、この一帯を治めたグルジア王国代々の戴冠式が行われる場所でもあり、王が洗礼を受ける場所でもあった。

 「スヴェティツホヴェリ」とは、「生きている柱」という意味。その名は不思議な伝説に由来する。

 キリストがエルサレムで磔で処刑された際、立ち会った男がキリストの衣の一部をムツヘタへ持ち帰った。彼の妹がこの衣に触るとそのまま亡くなってしまい、それを手にしたまま埋葬された。やがてそこから杉の木が何本か生えたため、この木を伐採して教会を建立することに。7本使われたうち最後の1本は、聖人ニノが一晩祈りを捧げると、まるで生きているかのように宙に浮かび、自ら教会の台座を支える土台に収まったという。

 この柱から染み出した聖油が人々の病を治したという言い伝えから、現在も教会の前では聖なる油と称する土産物が売られている。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2018.02.24(土)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!