肱岡香子のSweetsな手みやげ

肱岡香子のSweetsな手みやげ

「GINZA SIX」で手みやげを選ぶなら
フランスデザート界、巨匠の逸品を

 今回ご紹介するのは、2017年4月にオープンしたGINZA SIXの地下2階のフィリップ・コンティチーニです。

ほぼ球体。この形がかわいらしい! 銀座の新名所のスイーツで、1個500円とはお値打ち価格。

 ここの“ウィークエンド”(1個500円)という焼き菓子が手みやげスイーツとしておすすめです。ころんとした形のシンプルな焼き菓子ながら、食べてびっくり。バターの風味がたっぷりと豊かで、しかも食べ心地は軽やか。実に繊細な焼き菓子なのです。さすが、フランスのデザート界の巨匠、フィリップ・コンティチーニ。

シトロンの断面。爽やかで重くなくて、しかも、満足感のある食べ心地。独特のしっとり感のある生地は記憶に残る食感です。

 私が一番好きなのは“シトロン”。レモンの酸味と生地の相性がバツグン。“キャロット”は、カルダモンの風味がきいているスパイシーなスイーツ。“ショコラ・ドゥ”は、ナイスなしっとり感のオトナなスイーツ。“ノワゼット”はくるみがたっぷり入っていて、香ばしくておいしいです。

 パッケージケースは2個入り用か4個入り用があって、今回は上の4種類を買いましたが、あともう1種類、“オランジュ”があります。

 どの組み合わせでも、オトナっぽいおしゃれな手みやげになると思います。

<次のページ> 銀座の新名所の行列のできる店の手みやげ

2017.10.25(水)

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ