伊藤美佐季のセンス・オブ・ジュエリー

伊藤美佐季のセンス・オブ・ジュエリー

左右あえて違う色をつけてみたい
ブシュロンのカラーストーンピアス

vol.04 BOUCHERON (ブシュロン)
ピアス「セルパンボエム」

〈右耳〉(YG×ラピスラズリ) 1,140,000円、〈左耳〉(YG×シトリン) 1,260,000円(ピアスはそれぞれ左右セットで販売)/ブシュロン(ブシュロン カスタマーサービス)、レザートップス 235,000円、パンツ 99,000円/プロエンザ スクーラー(Pred PR) ※YG=イエローゴールド

 仕事柄、さまざまなジュエリーの楽しみ方を提案していますが、ピアスは基本的にアレンジができないアイテム。でも、自分らしく楽しむにはどうしたらいいのだろう? というのが、長年の私の課題でもありました。そこで思いついたのが、左右あえて違う色をしてみるという手法です。

 ブシュロンの「セルパンボエム」から登場した色石のピアスは、石によって表情ががらりと変わります。例えば黄色のシトリンは太陽のような陽気さ、深いブルーのラピスラズリは月のような静けさを湛えたイメージ。対照的なふたつの石をあえて左右の耳につけてみると、どちらの方向から顔を見るかで、印象も違ってくるのです。ふたつの石のコントラストを、女性の持つ二面性と重ねてみても面白いと思います。

 ピアスは通常両耳で売っているものなので贅沢な遊びではありますが、こんなアレンジをしてみると、いつもとは違う表情が楽しめると思います。

ペアシェイプのカラーストーンをYGのビーズで縁取ったピアス。「大きめのピアスは、エスニックなムードになるか、ゴージャスになるかのどちらかになることが多いのですが、これは宝飾感がありつつ、マダムっぽくもならない絶妙なデザイン。個人的にもとても気に入っています」と伊藤さん。

伊藤美佐季(いとう みさき)
ジュエリーディレクター、スタイリスト。フィレンツェに遊学、帰国後スタイリストに。つける人の個性を活かしたスタイリングは、女性誌のほか多くの女優からも支持が厚い。ジュエリーに関する講演などでも活躍。

<この記事の掲載号>

CREA 2017年8月号

47都道府県の旅で見つけた
夏休みと、ごちそう。

定価780円

2017.07.31(月)

styling=Misaki Ito
photographs=Masami Naruo(SEPT)
make-up=Nobuko Maekawa(Perle Management)
hair=shuco(3rd)
text=Miwako Yuzawa

同じテーマの記事

もっと見る

FASHION} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ