今日の絶景

今日の絶景

ブルガリアを代表する保養地には
東欧らしさに満ちた建物がいっぱい

Magnificent View #1276
ヴァルナ(ブルガリア)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 黒海沿岸の都市ヴァルナ。夏になると、まぶしい太陽と海を求めてヨーロッパ各国から人が集う、ブルガリアを代表する保養地だ。

 ここは美しいビーチに加え、緑豊かな公園や東欧らしい建物も見どころになっている。ご覧の生神女就寝大聖堂は、観光スポットのひとつ。

 「夏の首都」「海の首都」とも呼ばれるこの街だが、ブルガリアのほかの地域に比べると、気候は年間を通して穏やか。オフシーズンの冬も気温が氷点下になることはなく、浜辺には天然の温泉も湧いている。

 そんな人気リゾート地であるここは、考古学ファンも虜にする街だ。1972年、先史時代の集落跡地で、世界で最も古いと言われる金の工芸品が発掘され、話題に。以来、「ヨーロッパ最古の文明の発祥地」としても、人気を集めている。

2017.03.29(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

SPECIAL おすすめページ

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ