今日の絶景

今日の絶景

イギリス植民地時代に開拓された
スリランカが誇る美しき紅茶の名産地

Magnificent View #1027
ヌワラエリヤ(スリランカ)

(C)R. Ian Lloyd / Masterfile / amanaimages

 一面に茶畑が広がるのは、スリランカの中部にある紅茶の産地、ヌワラエリヤ。

 かつてこの国にはイギリスによって大規模な紅茶畑が開拓されたが、ヌワラエリヤはその代表的な場所だ。

 標高1868メートルの高原地帯に位置するここは、紅茶の産地としては国内で最も標高が高く、気温が低い場所。イギリス植民地時代は避暑地としても栄え、街には、当時に建てられた英国調の建物も多く残る。

 ヌワラエリヤで生まれる紅茶の特徴は、日本の緑茶にも似た適度な渋味とデリケートな花の香りがすること。その優雅な味と香りは、世界中で愛されている。

 ちなみに、茶畑一帯はご覧のように晴天の日ばかりでなく、雨や霧の日も多い。だが、たっぷりの太陽とたっぷりの雨は、おいしい紅茶を育てる大切な条件のひとつ。雨も降ってこそ、ここで名品が生まれるのだ。

2016.07.23(土)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ