今月のテーマ「まぶたの母」

【MAN】
親の心を子が知るとき、気づく
追憶の母も目の前の母も偉大だ

 「親の意見と茄子の花は千に一つの徒もない」と言われるが、18歳の若き良太にとっては母・亘江(のぶえ)の説教は耳が痛い。口を開けば叱られるので、逆に興味を覚えて尋ねてみれば、母には人生がひっくり返るような転機があったのだ。

 母と息子それぞれが18歳だった頃を重ね合わせ、子どもから見た“母の生き方”を1963年の下関と1998年の川崎、2つの時空で描く。亘江は地元では名の知られたスケバンで、傲慢な父に歯向かって荒れる。境遇そのものを憎んでいたが、それを諭してくれたのが、旅館の賢女将・亘江の母だった。

 実際、母の教えは偉人の箴言のように貴い財産。そのことに亘江が気づいたのは、郷里を離れ、ときおり母の姿が脳裏に浮かぶようになってからだ。

 面白いことに亘江は良太を、自分が母から教わった言葉で叱る。思い出とともに身体に染みこんでいた母からの大いなるエールは、こうして受け継がれていくのだな。

『HaHa[はは]』(全1巻) 押切蓮介

著者の母と著者自身をモデルにしたという本書。旅館の女将として采配をとっていた母の母、つまり著者の祖母のケジメのある生き方も、いまでは下ネタ好きらしい母の胆力を感じる若き日のエピソードも、清々しくて心を打たれる。胸に刻みたくなる名言もてんこ盛り。
講談社 680円
» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

<次のページ> それを知っても、子は母を想う

2016.04.05(火)
文=三浦天紗子

CREA 2016年4月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

きれいのために大切なこと。

CREA 2016年4月号

春のビューティ前線おっかけ
きれいのために大切なこと。

定価780円

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!